2018年03月11日

第12回全日本マスター柔術振り返り その4

あらら、随分と間が空いちゃいました。

失礼、失礼。

前回からの続きです。

って、何だったかな。結構記憶が薄れてきているからなぁ。

そうだ、そうだ膠着したところからだ。

スポンサーリンク




良くわからない態勢で膠着しながらも、長南選手は奥襟部長の左腕をぎりぎり引き上げようとします。

むむ、やばい。これはこのままだとやばいぞ。

でも奥襟部長もどうしていいかわかりません。

応援の誰かが、「前転でいいですよ!前転して足関節!!」

みたいなことを叫んでます。

おぉ。ありがたい。

でも、僕ちん、そんな足関節はやったことないのよん。

うーん、困った、困った。

ま、足関節をするかどうかはともかく、

確かに前転するしか方法はなさそうなので、試みます。

でも、相手の力をかけてる方向とは違うので、やっぱり難しい。

その間も、長南選手の左腕引っこ抜き大作戦は止まりません。

あー、どうしよ、あー、どうしよ。

そんなこんなしているうちに、もうこりゃ勝負じゃわい、ということになり、

長南選手も同じく勝負じゃわいと思ったはずで、

いったん、膠着がはずれます。

さ、ここで上になれるか。

いわゆる一つの「際」の攻防です。

で、ここで体幹の差が出ます。

奥襟部長、見事にこの際の攻防でやぶれて下に。

ハーフガード、柔道でいうところの二重からみの体制ですね。

ありゃりゃ。

そんでもって、長南選手の上からのプレッシャーが半端ない。

おう。こんりゃまたすごいでよ。ほんにすごいでよ。

足は抜かれないと思ったけど、

戻せる気もしない。

でも、時間は刻々と過ぎてゆく。

いかん、いやん、ばかん。

仕方ないので、下からはぐりながら最後の勝負。

ふん!ほにゃほにゃ!!ってやりますと、意外と戻せた。

お、戻せた。

そうだ、そうだ。

逆転でなんか狙わんと!!

どげんとせんといかんぜよ!!!

と、思いましたが、

時すでに遅し。

灯台下暗し。

大正デモクラシー。

時間切れとなって奥襟部長はあえなく0−2で敗退となりました。

知らない間にアドバンテージは一個もらったみたいやけど。

焼け石に水ですな。

試合が終わると、皆さんから「ようやった、ようやった、お疲れさん、お疲れさん」と言っていただける。

「みんな!気休めはよしてくれ!!」

とは、まったく思わず

「うん、わしようやった」

と、素直に思いました。

そりゃやっぱり勝ちたかったけど、

でもまあ、さっぱりって感じで。

応援に駆けつけてくださった皆さん、

本当にありがとうございました。

試合が決まってから、実際は3回しか練習してなくて

しかも6年振りの試合で

その割には結構通用したかなと思っております。

そういった意味では

これまで「練習できてないから」と、

あまり試合に出てこなかったけど

もっと積極的に出てもいいかなと思い始めた今日この頃

皆さまいかがお過ごしでしょうか、という気持ちでいっぱいです。

はい。本当に。

長南選手とは試合後にお話もできましたし

他の選手ともいろいろ情報交換できました。

やっぱり試合は楽しいな。

また近々出られたら。


ちなみにすでに試合が終わって2週間は経ってるわけですが

体重はいまだに85kgをきってます。

ナチュラルミディアムヘビー。

これは今回の試合の何よりも成果だわ。


試合後、同じ所属の新さんの試合を観戦。

決勝戦は圧勝。21点くらいとってた。

新さん、それ、柔術のスコアじゃないっすよ。すごい。

続いてキクチ襟さんの試合も観戦。

見事にアドバンテージ一つを守り切って勝利。

これは魂のこもったいい試合。すごいっす。

キクチ襟さんからは試合後にお土産もいただいて

ありがたい限りです。

両襟とおいしくいただきました。

ありがとうございました。


このあたりで相当時間が遅くなってたのと、

足の甲と大胸筋に違和感を感じたので

無差別は出ずに会場を後にします。


体育館前の公園はとても多くの家族連れでにぎわってはいるものの

どこか切なく

どこかはかなげに見えたのは

奥襟部長の心の中の何かがそうさせたのでしょうか。


ふと空を見上げると、きれいな飛行機雲が南南西の方向に向かって、すっと伸びています。

淡い一筆書きか

誰に言うでもなく、自然にこの言葉が口をついたのは

奥襟部長の心の中の何かがそうさせたのでしょうか。

いいえ

きっとこれは

微笑み疲れた女神さまの

今日の最後のいたずらだったのでしょう。

どうした奥襟部長、おかしくなったか。

おかしかったら笑えばいいさ

こういわせたのは、

奥襟部長の心の中の何かが・・・

もうやめとこう。本当におかしくなったの思われますわ。


はい。というわけで、4回にわたる全日本マスター柔術の振り返り終了。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。



posted by 奥襟部長 at 00:01 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

第12回全日本マスター柔術振り返り その3

はい、これまた前回の続き。今回で終われるかな。

柔術着のチェックは買ったばかりの柔術着なので何の心配もなく。

問題は体重であります。

予備計量では余裕だったけど、後からおにぎり食べたからなぁ。

おそるおそる体重計に乗りますと・・・

スポンサーリンク




なんと、85.8kg。

おいおい。道着なしだったら、83.8kgってことじゃない。

おそらく小学校5年生の3学期か小学校6年生の1学期くらいの体重だぞ。

あかん、痩せすぎた。

そんなこと言っても仕方がないので、とりあえず試合会場へ。

ここでなんと長南選手と目があいます。

「よろしくお願いします」と頭を下げると、先方もゼロピラニアで爽やかに「お願いします」とおっしゃいます。

おぉ。ありがたい。なんて爽やかなんだ。

で、試合会場で準備運動をしていると、隣の会場で新さんが試合。

見てるとあっさり一本勝ち。

強い。強すぎる。

すげーぞ、新さん。

程なくして僕の試合。

あー、緊張する。

奥襟部長、今だから言いますが、この試合は立ち技でテイクダウンをとって、上になれるかどうかが勝負と考えてました。

勝てるプランはこれしかない。

で、頭の中でシュミレーションしながら試合会場へ。

審判や相手と握手をして、いざ試合開始。

タックルを気を付けながらえいやと組みます。

すると、圧がすごい。

おぉ、圧がすごい。なぜか二回言いましたが圧がすごい。あ、三回目。

すかさず引手をとって、小外刈で投げにいきます。

すると長南選手、投げられまいと前に倒れます。

これはなかなか珍しいことで、

さすがの運動神経の良さというか、総合格闘技で培った反応速さといいますか。

とにかく投げることができない。

さらに長南選手、倒れながら奥襟部長の左腕を抱え込みます。

ピンチ。

奥襟部長も下にならないように上から足をからみます。

結果、よくわからない態勢で膠着します。

ありゃりゃ。これ、どないしたらいいの?

奥襟部長、迷いながらこの体制が1分ほど続きます。

はい、今回も長くなったのでここまで。


posted by 奥襟部長 at 23:24 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

第12回全日本マスター柔術振り返り その2

前回の続きです。

試合がお昼過ぎにさしかかりますと、休憩時間に入ります。

既に随分とおしているのに、休憩はしっかりと。

うん、よかよか。

しっかり休まんとね。

休憩中は試合場が使えたので、少しアップ。

で、一人でふにゃふにゃしてたらすっと一人の柔術家が近寄ってきます。

はにゃ?

スポンサーリンク




誰かと思ったら、「奥襟部長の柔道談議」のヘビーリスナーで、お便りも何度かいただいているキクチ襟さんであることが判明。

あららららら。あなた様がキクチ襟さんですか。いつもお便りありがとうございます。

非常に気さくで親しみやすくて話しやすい方なので、いろいろとお話しをさせていただく。

面白い方。いい出会いだ。

ポッドキャストやっててよかったなぁ。


で、休憩時間も終わってまたまた試合観戦。

伊藤さんは決勝で敗退。相手強すぎてびっくり。なんじゃあのひと。

その後もいろいろ勉強になる試合を観戦していると、会社の同僚がわざわざ応援にきてくれたことが判明。

なんと栃木から。あらあら。ありがとうございます。

そして、程なくしてアゴ襟も応援に。

なんと家族みんなで遊びに来てくれたみたい。

可愛い双子のお嬢さんたちが、無理やりアゴ襟に促されて、「試合頑張ってください」と言ってくれる。

うんうん、知らんおっさんにありがとね。胸がきゅーってなるよ。うん、おっさん頑張る。

さらに、つい先日レスリングのマスターズに50歳でデビューしたチャラ襟さんも応援に。

チャラチャラしながら「頑張れよ」と声かけてくれる。かっけーな。

とにかく皆さん、ありがとうございます。ありがとうございます。おそれいります。恐縮です。

みんな、たくさんのプレッシャーありがとね。

ほかにも知り合いが多数。うむむ。ドキドキするわ。

そんなこんなしてますと、えらいギャラリーの多い試合を発見。

行ってみると、佐藤ルミナ選手が試合中。ほー、こりゃギャラリー多いわ。

ってことは、長南選手の試合もこれくらいギャラリーがあるってことかしら。

いやん、ばかん。

そんなことを考えていたら、本当に長南さんがいらっしゃる。

あたりまえだけど、本当にきた。

でもまあこれも当たり前だけど、殺戮ピラニア感は全然なく、穏やかな感じのする人の好さそうな感じの方。

よかった。殺戮はされないですみそうだ。

いや、試合が始まったら別人になるのかしら。

あぁ、とにかくよろしくお願いします。

しかし横から見たら胸板が半端ない。

奥襟部長の中にいるコヤンキー襟男が、「チョーナン胸板半端ねえ」を連発している。

ま、それはともかく。

そんなこんなでいよいよ奥襟部長の試合順が近づく。

わおわお。

集合場所に行ってまずは道着チェック。そして計量へ。

同じ道場の新さんもほぼ同時のタイミング。

高まる緊張。

もう一回トイレに行っておけばよかったか。


はい、でも長くなったので、今日はここまで。



posted by 奥襟部長 at 00:17 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

第12回全日本マスター柔術振り返り その1

はい。ほぼ一か月ぶりの更新です。

皆さんお元気ですか。僕は全身筋肉痛です。

というのもあなた、そうです、昨日は全日本マスター柔術に参加したからですよ。

ということで、今回はざっと振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク




今回の試合はとにかく異例尽くし。

まず、柔術の試合出場が6年ぶりということ。

そして、うまくいけば「殺戮ピラニア」の異名をもつ長南亮選手と対戦できるということ。

そしてさらに、奥襟部長が小6以来の体重86kgを目指して減量をするということ。

あー、なんと大変なことか。

外資系的に言いますと、なんとチャレンジングな。わぉ、いえす!という感じなのです。

で、細かいことを言い出すとキリがないので、この辺でやめておきますが、とにかく減量は成功して、長南選手と初戦で対戦できるということになって当日を迎えたわけです。はい。

集合時間は13:00だったので、朝はゆっくり。

小学校1年生の次男とポケモンカードで破竹の5連勝をして、気分良く会場へ向かいます。

今回の試合は墨田区総合体育館。

奥襟部長初めてここに行きました。

錦糸町の駅近でなんとも便利なところです。

今から試合をするという緊張感さえなければ、なんとも穏やかで素敵な公園の中にあります。

素敵だよ。墨田区総合体育館。

奥襟部長、誰とも待ち合わせをせず、単独で会場入りすると、すでに会場内は熱気やら歓喜やらで渦巻いております。やんや、やんや。

誰か知り合いがいないか探しますが、すぐには見つからなかったので、とりあえず計量前ではありますが、サンドウィッチを食べます。サンドイッチではなく、サンドウィッチです。ま、それはともかく。

で、もう一回会場に入ってウロウロしてると、同じ道場の新さんと出稽古に来てくださっている山田道場の伊藤さんに出会います。あー、よかった。

そして、すかさず、更衣室やらなにやら聞いて、荷物を持って着替えに行きます。

更衣室で買ったばかりの道着を着て、ビシっとした後、会場に再度入ろうとすると、フルッタフルッタのユーキさんに再会します。以前、「大賀幹夫の寝技の学校放送部」に出ていただいたことがありました。ご無沙汰です。

ご挨拶すると、「おぉ、痩せましたね。とても痩せましたね」と驚かれる。

えぇ、と、なぜか若干頬をこけ気味にして返してみます。僕、そんなに痩せたのかしら。うふ。奥襟部長の中にいる30代OL奥襟襟子がざわつきます。ま、それはともかく。

その後、予備計量をしてみます。すると、86.4kg。
えーっと、88.3kgがリミットなんだよね。道着が2kgくらいあるから、実質84.4kgってことかしら。痩せすぎじゃないかしら。気のせいかしら。

今更後悔しても仕方なく、今からバクバク食べたらそれこそ体調を崩すので、気を取り直してまたウロウロすることにします。すると、その後も懐かしの知り合いにたくさん会い、声をかけてもらえる。いやぁ、覚えてくれててうれしいよ。

インファイトのヘナートとも久しぶりに会う。「せんせー、また練習しましょ」と、言ってくれる。
あぁ、ありがとう。
「今日の試合の相手は長南選手なのよ」、というと、「はっはー、チョーナンか、そーか、チョーナンか、はっはー」と高らかに声をあげられる。
イマイチどういうリアクションかつかみきれないまま、柔道の王子谷選手ばりの微妙なにやけ顔をして凌ぎます。

以前ウチで練習してくれていたサカモト君にも久しぶりに会うことができます。
あらあら懐かしい。なんでももうすぐモンゴル勤務になるそうで。
なんと言ったらよいかよくわからないけど、とにかく体に気を付けて頑張って。あなたならどこでもやっていけるよ。たくましいもの。

そんなこんなしていると、伊藤さんの試合が始まったので応援をする。
いやー、伊藤さん、強い、強い。決勝まで危なげなく勝ち上がる。いいもの見せていただきました。


なんだか長くなりすぎたので、今日はとりあえずここまで。

続きはまた気が向いたら書きます。






posted by 奥襟部長 at 23:31 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

第12回全日本マスター柔術選手権に申し込みをしましたよ

まだまだ寒い日が続きますな。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

奥襟部長はなんと、第12回全日本マスター柔術選手権にエントリーしてしまいましたよ。

スポンサーリンク




いやー、これで早速今年の目標を一つ達成です。ありがとうございます。

ところで、ずいぶん試合からは遠ざかってるなぁと思って調べてみたら、なんと2011年末の色カニ以来試合に出てないんですね。

ということで、なんと今回は実に6年ぶりの試合です。あららら。光陰矢のごとし。

で、今のところ、階級別と無差別の両方にエントリーしてるのですが、階級別ではあの「殺戮ピラニア」の異名を持つ長南亮選手との二人エントリーなんですね。あー、こわい。とてもこわい。

でもまあ長南選手がエントリーしているから自分もエントリーしたところがありまして、やっぱりせっかく出場するならこういう有名な方とやりたいなぁと。

そういった意味では良いモチベーションを与えていただきありがたいところです。

体重も小学校6年生以来の85kgを目指します。

正月に太ってしまった自分にとって、良い機会です。はい。

週に一回の練習でどこまでやれるかわかりませんが、一応作戦決めて頑張ります。

試合会場に来られる方、是非、応援よろしくお願いします。


posted by 奥襟部長 at 08:15 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

白カニ58観戦

7月9日の日曜日、台東リバーサイドで行われた白帯カーニバルの応援に行く。
久しぶりの台東リバーサイド。この前、試合のお手伝いをして以来。
我がねわワ宇都宮からはモーリーさんとナウ君の2名が参加。

試合は13時からだけど試合順番は後の方だったので、ゆっくり家を出る。
服装はもちろん出来上がったばかりのねわワ宇都宮Tシャツ。
ほれほれ、格好いいだろうと見せびらかしながら駅まで歩く。

スポンサーリンク




電車に乗って、吉祥寺で用事を済ませ、再度電車に乗った所でお昼ご飯を食べていないことに気付く。
あー、何を食べようか。外は暑く、あまり食欲がわかない。でもお腹はすく。

結局、浅草に到着してしまい、台東リバーサイドまで歩きながら途中で何かを食べようと画策する。

本格的なお蕎麦やさん発見。うーん、違うな。富士そばならアリなんだけど。惜しい。
カレー屋さん発見。これは全然違う。暑い時にカレーは無理。僕、インド人にはなれない。
ラーメン屋さん発見。これも違う。冷やし中華があるならアリなんだけど、世界三大始めましたの一つである「冷やし中華始めました」の掲示がないので却下。

で、結局、台東リバーサイドが見えてきてしまう。むむ。

仕方ないのでセブンイレブンに飛び込んでパンを買う。残念。なんか残念。
台東リバーサイドの1階でメチョメチョ食べる。

試合場に到着すると、汗だくの品川支部の長谷川支部長にお会いする。おぉ。出場されてるのね。
グラップリングで勝ち上がっていて、次は決勝とのこと。すごい!

辺りを見回すと試合参加予定の二人を発見。
おぉ。頑張ってね。ほどなくして、対戦相手が決まる一回戦があるということでその試合を観戦。
むむ。なかなか手強い。簡単にアドバイスして試合場の中をあいさつ回り。

いつも出稽古に来て下さるT-BLOODの関さんや以前セミナーをしていただいたRJJの岡本さん、大賀さん、寝技の学校放送部でお世話になってる片袖さんや調布の茶圓さんテルさんなど、知ってる方が意外とたくさんおられる。
ありがとうございます、ありがとうございます、なんやかんや、なんやかんや。いつも大変お世話になっております。

一通りあいさつ回りをし、長谷川支部長のものすごく惜しいグラップリングの決勝を観戦して、しばらく時間があったので試合観戦をする。

皆さん、白帯だけどうまい。感心しながら観戦。すると、突然背後から声をかけられる。
「奥襟部長さんですよね?」
思わぬ不意打ちに、「お?おぉぉ??はい。」と、少々うろたえながら返事をする。
聞くと、ブラジリアン柔術を品川支部でやっていて、講道館に柔道も習いに行っておられる方で、奥襟部長が出演している「寝技の学校放送部」も「奥襟部長の柔道談議」も両方聴いておられるとのこと。
お、おぉ、ありがとうございます。うわー、ありがとうございます、という感じになる。
すると、「あー、ポッドキャストと同じ声だ!」と言われたりもする。あらあら、お恥ずかしい。「今度お便りくだされば缶バッジ送りますので、是非」と、お伝えしてお別れする。あー、びっくりした。

そんなこんなしてたらモーリーさんの試合となる。
モーリーさん、前回の試合では初戦敗退だったけど、今回はいかがでしょ?

相手はモーリーさんよりも一回り小さいけど、道着の下がかなり短くてただものではない雰囲気。むむ。
で、試合開始と同時にモーリーさん相手と密着をしにいくも、大内刈りで切り返されてテイクダウンを取られる。2ポント献上。あらら。
ちょっと頭を打ったように見えたけど、本人はすぐにクローズドガードになり、チャンスをうかがう。うむ。
そして、相手が動いたところを一気に三角絞め。おぉ!!
ただ、入り方が浅く、このままではすっぽ抜ける可能性も。やばいか?と、思ったら、すかさず腕十字に変化。相手はたまらずタップして一本勝ち。やった!!
正式には腕ひしぎ三角固かな。素晴らしい。
ワンマッチだったのでこれで優勝。おめでとうございます。本当に上手に変化したのでびっくり。次は中級だね。

続いてはナウ君。ルースター中級。相手は先ほど一回戦を見た相手。
下も上もできそうなオールラウンダーの感じだったので、柔道出身のナウ君にはテイクダウンを取りに行くように指示。
で、試合開始。
試合はルースターらしくかなり動きのある早い展開。相手はテイクダウンを取られる前に引き込む。うまい。そして早い。
序盤でいきなり巴スイープをくらう。乗り過ぎたか。ナウ君、慌てて空中で体をひねり、ポイントは回避。ただ、アドバンテージを取られる。
大丈夫、大丈夫。まだ時間はある。
ただ、その後、相手はテイクダウンを警戒し、引き込んでやや膠着する展開が続く。まずい。
奥襟部長は相手が引き込む前にテイクダウンをとるように指示。ナウ君、二回ほど一本背負いでかつぐも投げきれない。
かつぎよりも小外刈の方が合わせやすいのでその旨声をかける。
で、ナウ君がうまく相手の引き込みに合わせて小外刈。ん?どうだ??ポイントか???
審判を見るも、残念ながらポイントにはならず。んー、辛い。辛いけど、テイクダウンではなく、引き込んだと認識されてもおかしくないか。
勢い的にテイクダンウンを取ってもよかったと思うけどなぁ。
で、そのまま時間は過ぎていき、残念ながらタイムアップ。アドバン0−1で負け。んんーーーーー。残念。
でも、次回につながるいい試合だった。パスする時の姿勢は前から気になってたし、良い課題が見つかったからまた頑張りましょう。
お疲れ様でした。

奥襟部長、試合が終わるや否や帰路につく。
いやーしかし、やっぱり試合はいいなぁ。年内、自分も一回は出たい。ずっと言ってる気がするけど、早く茶帯デビューしないと。
10月辺りにいい試合ないかしら。

posted by 奥襟部長 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

シンガポールでブラジリアン柔術出稽古

以前宣言した通り、行ってきましたよ。シンガポールでブラジリアン柔術の出稽古。

まだシンガポールにおりますが、とにかく本日行ってきました。

Webで調べたら、なんだかものすごく高いメガジムが出てきて怖気づいていたのですが、知り合いの知り合いと会社関係の方が同じアカデミーに通っていることが分かりまして、あらびっくりねということになり、そんなこんなで色々やりとりさせていただいた結果、かなりリーズナブルに出稽古をさせていただくことができました。ありがたや〜。

とはいえ、平日はずっと激しく仕事をしていたので、今日はゆっくり寝て、まずはコインランドリーで一週間分の洗濯。

スポンサーリンク




ちなみに洗濯は社内規程上長期の場合はホテルのランドリーを使ってもいいんだけど、あまりに高すぎるのでワイシャツだけにして下着などは遠慮する。

コインランドリーはぐぐったらなんとか見つかったので迷いながらなんとかたどり着いて洗濯して帰って来る。でも往復でTシャツが汗でぐちゃぐちゃ。このTシャツを洗いにまたコインランドリーに行ったらまたその時に来ていたTシャツがぐちゃぐちゃになって無限ループに入り込むので、ぐちゃぐちゃTシャツさんは夜に柔術着を洗いに行くときにいっしょに洗うことにする。ん?でも、その時に着ていくTシャツはどうなるんだ?ま、いいか。

ホテルに戻って仕事して眠ったりぼーっとしたりしてたらいつの間にか15時。練習は15:30だ。急いで用意してタクシーに乗り込む。

で、10分ほどで速攻到着。おぉ、もっと遠いと思ってた。

まだはっきりと場所がわからないので、中に入って、ビルの一階の受付にいる顔中にそこはかとない人生がにじみ出ている北島三郎の従兄弟の子どもの友だちの友だちみたいなおじさんに、柔術道場がこの辺にあるかを聞いてみる。すると、ニヤリと笑ってここの4階だと教えてくれる。なんだ、なんか格好いいぞ。

おじさんがボタンを押すと、しゅっと柵が降りて中に入ることが出来る。すかさず正面にアカデミー発見。

名前は「Trifecta Martial Arts」(HPはコチラ)。

受付には妙齢の妖艶な女性がおられ、オーナーさんやらお友だちさんに紹介されてきた日本の中年おっさん柔術家ですが的なことを申し上げると笑顔と共にわかっとるわかっとる的なことを言われて中に通される。

で、更衣室にいると、柔術家っぽい方が入ってきたのですかさず自己紹介をする。すると、奥襟部長の会社関係の方をご存知で、なおかつ日本で柔術の出稽古をしたことがあるという青年だったので、すぐに打ち解ける。

ちなみに日本ではCARPE DIEMさんに出稽古に行ったそうで、行った理由は高かったけど英語がわかりそうな東京のアカデミーはHPからはCARPE DIEMさんしか見つからなかったからとのこと。ふーん。

その後、インストラクターさんがいらっしゃってご挨拶。勿論、黒帯で、ブルテリアのジーンズ生地の珍しいギを着てらっしゃる。おぉ、珍しい。白帯の方も二名来られて、5名で練習開始。

時間は一時間しかないのでどんな練習するのかなと思ったら、結構オーソドックス。

入念なストレッチの後、パスの打ち込みをして、スパーリングという感じ。

パスの打ち込みの説明は説明の仕方、英単語の使い方が参考になる。ふーん、そう言うのか。

仕事以外の英語は全然ダメなので、ありがたかった。

スパーは4本しかしなかったけど、えらい疲れた。やっぱり疲れが溜まってるのかしら。

青帯の彼は執拗にアキレス腱を狙ってくるのでやりにくかったな。

かなり濃密な一時間で、息があがって仕方なかった。体力落ちてるな。よく考えたら、昼食食べてなかった。

練習後は記念写真。このブログでは珍しい写真付です。

7932638D-2ABF-4D2A-97CC-29F4B2D1CCD3.jpg

終わった後は妖艶な女性にカンバンの前でも記念撮影。

C7F98106-1711-4E81-9A56-FFD463684EDB.jpg

どうやら青帯の彼は11月に日本に来るそうで、また再会しようと約束。こういう交流の広がりがいいよなぁ。

でも、僕は9月にまたシンガポールなので、そっちの方が早いな。

エレベーターに乗り込んだところで急に気分が悪くなる。あかん。これはかなりやばい。

脱水症状とか疲労とかそういう感じ。

とにかく一階にたどり着いて、スコールでも降ったのかと思わせるくらいのびしょびしょ状態でサブちゃんの親戚に柵を下ろしてもらう。

で、タクシーに乗り込んでホテルの説明をしようとするが、英語が出てこない。これは本格的にやばい。

なんとか説明してホテルに到着するも、ふらふらで部屋に倒れ込むようにして入る。

水をがぶ飲みして裸でベットに横たわる。いやん。

しばらくして動けるようになったので御礼のメッセージを送ったりLINEをしたりして復活する。

いや、本当にどうなることかと思った。

で、最後は力を振り絞って再度コインランドリーへ。うん、夜は涼しい。

でも結局帰りにTシャツはびちょびちょになる。このTシャツ、おじゃんだな。

いや〜しかし楽しかったな。しんどかったけど。

海外出張時の出稽古、くせになりそうです。

皆さんも機会があれば是非。


にほんブログ村
posted by 奥襟部長 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

シンガポールと上海でブラジリアン柔術の出稽古を計画

7月3日から9日がシンガポール、10日から16日まで上海出張が決定。

嫌だなぁ。お家に帰れないじゃないの。

家族とこんなに会えないのは本当に嫌だ。

日本食も食べたくなるだろうな。あー、嫌だ嫌だ。

真剣に一回日本に帰国することを考えたけど、土曜の朝にシンガポールから返ってきて、日曜の午後に上海へ行くってありえないわな。

もう若くないんだし。仕方ない。

スポンサーリンク




しかし、さすがにこんなに長いと色々と考えないといけなくなる。

いつものスッキリとした荷物じゃどうにもならんだろう。

準備も面倒だなぁ。

奥襟部長、外資系勤務だけど、つくづく日本が大好きなんだと実感する。


今回はジムに行ったり、ブラジリアン柔術の出稽古に行こうと画策中。

色々な出会いがあり、シンガポールは目処がつきそう。

ありがたい。楽しみだなぁ。


上海は独力で調べたら、宿泊ホテルの近くにアラバンカさんの支部があるみたい。

おぉ。すごい近いぞ。歩けるんじゃないかしら。

これはHPからアクセスしてみよう。


海外での出稽古は初めてでちょっと緊張するけど、どんなのかな。

きっと一回スパーをやれば仲良くなれるよね。うん、それがブラジリアン柔術。

頑張るぞ〜。

あ、でも張り切りすぎて、怪我だけはしないように・・・。


どうでもいいけど、久しぶりに「柔術日記」っぽいことを書いてる気がする。

たまには書かないとね。

報告ブログをお楽しみに!


posted by 奥襟部長 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

ねわワ宇都宮のブログは独立します!

こんばんは〜。みんなのアイドル奥襟部長です。

さて突然ですが、ねわワ宇都宮の練習日記については、今後は以下のブログで独立させることにしました。

アメブロ ねわざワールド宇都宮のブログ

こちらのブログでは(なぜか)禁じ手だった写真などをたくさん載せていきますので、是非ご覧ください。

引き続き柔道のことや日常のことはこちらのブログで語っていきますので、宜しくお願いします〜。



posted by 奥襟部長 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

愉快ロゴ完成!

待ちに待った愉快ロゴがようやく完成!いかがですか。まさにねわざワールド宇都宮!って感じでしょう。

これからこのロゴを目いっぱい使って宣伝していこうっと。


寝技て_ねわさワールト宇都宮.jpg



posted by 奥襟部長 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする