2016年07月11日

シンガポールから上海へ

土曜日の柔術の後は、結局コンインランドリーの帰りに寄ったコンビニでおにぎりを買って、それを夕食にする。

こんなシンガポールの夜もあっていいじゃない。

ただ、おにぎりの海苔がキレイに取れずに地団駄を踏む。なんか日本の海苔よりも脆弱だぞ。これをキレイに取ろうと思ったら、相当なテクニックが必要だ。うむむ。

それと、おにぎりを食べながら思い出したけど、柔術の出稽古先でインストラクターさんが技の説明をして、何か言った後に全員で手をポンと叩くんだけど、あれが最後までタイミングがわからんかった。一回くらい、いっしょにポンと叩きたかったなぁ。

スポンサーリンク




日曜日は移動日。

朝から荷造りして朝食をとって7時過ぎにはホテルを出発。

タクシーでは香港のカンフー映画に出てくる食堂のおじさん風な運転手さんがものすごくしゃべる方で、楽しく過ごすことができる。

「お前は日本からきたのか?そうか、そうか。俺も去年の12月に日本に行ったんだ。でも寒くて最悪だったよ。服を3枚重ねにしても足りないくらいだ。オーマイガ!だ。日本は良い所だが、二度と12月には行かないね。それと日本食はベリーナイスだ。俺は仏教徒だから牛は食べないが、後は何でもおいしい。最高だ。そういや、この前俺の息子が・・・」

みたいな感じで30分くらい延々としゃべり続ける。仏教徒は牛を食べないのか?とか思ったけど、まあそれはともかく。
奥襟部長も面白いから良い感じに合いの手を入れてたら、食堂のおじさんはどんどん盛り上がって、声とアクションが大きくなっていく。で、時々ハンドルから手を離してジェスチャーするのがヒヤヒヤする。

でも楽しくて良いおじさんだった。ありがとう、おじさん。おいしいタンメンでも作ってください。


空港には早めに着いたのでPodcastを聞きながらぼーっとする。するとどうやら出発が遅れるみたい。あらら。で、トイレに行こうと思ったら、いっしょに上海で研修を受ける同僚に会う。おー、これはこれは。彼は中国語を話せるから、こりゃ空港からのタクシーは安心だ。

飛行機に搭乗して待っているとなかなか飛ばない。あれれ。でもまあ眠くなってきたのでしばらく寝て起きると、あれれれれれれ、まだ出発してない。わし、一時間ほど寝たんですけど。どうなることかと思ってたら、結局二時間遅れで出発。おいおい。

飛んだ後も台風の影響かわからないけどよく揺れるしえらいこっちゃ。

機内で映画は二本みる。「あぶない刑事」と「誰もしらない」。徹底的に邦画で攻める。

「あぶない刑事」はもはや特撮ヒーロー物のような作りで大変面白かった。昔、毎週見ていたシリーズだったから最高だったなぁ。柴田恭平の挿入歌、舘ひろしのエンディング曲も完璧。僕と同年代の方は必見。

「誰もしらない」は古い映画だけど胸にぐっとくるものが。これは子どもを育てている方だとかなり感じるところがありますです。はい。まだ見てない方は是非。

空港に到着して同僚と合流。タクシーで中国語でドライバーさんに話してくれてとても安心。ありがとう。
ディナーもいっしょにさせてもらい、色々話が出来てよかった。彼はとても良いリーダーだな。

部屋に戻って仕事三昧。で、疲れ果てて寝る。

今日は朝からがっちり研修。トレーナーはイギリス人だったけど英語はわかりやすい。助かった。

途中、日本側でトラブルがあって、ガンガン電話がかかってきて大変だったけど、なんとかねじ伏せる。

で、夕方研修が終わって緊急会議があり、それが終わってメールをみたら、未読メールが199。惜しい。あと一つで200じゃないか。どうせならひと思いに200にしてくれよ、と、思ってたら、一つメールが入ってくる。わお!おめでとう!!思わず送信者に電話をして、くす玉を割って、音楽を奏でて陽気に踊り出したくなる。でもぐっと抑えて冷静に状況を把握し、現実逃避はやめて黙々と仕事を開始する。でもまあ4時間もやったらあらかた終わる。うん、奥襟部長、仕事ができるな。

気づけば夕食を食べてない。あわててルームサービスをとって、さくっとチキンライスを食べる。

今週の研修は奥襟部長のチームからは誰もきてなくて、東南アジアチーム、中国チームに分かれているので、誰からも夕食には誘われない。毎日ルームサービスかな。外に行ってる時間ないもんね。

さて、明日の予習をするか。あぁ、日本語しゃべりたい。

posted by 奥襟部長 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

シンガポール出張、気づけば6日目

日曜日からシンガポール出張だったのだけど、気づけばもう6日目。金曜日じゃん。

忘れないうちに、ちょいと振り返っておこう。

スポンサーリンク




まず、日曜日はどうしたんだっけか。

そうそう、朝から成田空港に行ったんだ。

で、前日にWebから座席指定をしたら真ん中席しかとれなくて、打ちひしがれてチェックインカウンターに行ったら、「今、通路側が空きました」とか言われて、わお!ってなって席を替えてもらったんだ。ついてた。

で、ゲート近くで会社のメンバーと合流して飛行機に乗り込んで、何をしたんだっけか。

あぁ、そうだそうだ。近代柔道を呼んで、「MOZU」って映画を見て、「オレンジ」って映画も見たんだ。

「オレンジ」、よかったなぁ。青春だなぁ。おすすめですよ。「オレンジ」。恥ずかしくなるくらい青春なので、覚悟してくださいね。

到着後はタクシーに乗ってホテルへ。で、ご飯を食べに行って寝たのかな。たぶん、そうだ。

そして、月曜日から水曜日は怒涛の会議祭り。

昼間はガッツリ会議で、夜に通常業務をやる超ベリーハードなスケジュール。

4〜5時間しか寝てなかったな。

で、昨日からは本社でWorkshopでホテルに戻ってからまた会議に参加して、メシ食って夜にまた業務こなしてえらいこっちゃだったな。今日はもう本当に燃え尽きた感じ。

今日のも朝から本社だったけど、英語のプレゼンも”ややウケ”。疲れがでたか。

しかし、シンガポールは物価は高いけど、きれいだし、タクシーもカードが使えるし言うことなし。

で、明日はいよいよブラジリアン柔術出稽古。さて、どうなることやら。

あと、日曜日に上海に移動するんだけど、台風の影響が気になるな。

この出張、まだまだ波乱がありそうだ。



posted by 奥襟部長 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ゴキゾーさん

昨晩、我が家にゴキゾーさんが出没する。

ゴキゾーさんって何ですか?などと野暮なことは聞かないように。

あの黒くてガサガサして家中がキャーキャーとなって、お父さんが腕まくりをして「わしに任しとけい!」みたいになるあれです。

あまり直接的な表現をすると気分を害される方もいるかと思い、オブラートに包んでゴキゾーさんと呼ばせていただいておりますこと、ご了承ください。

スポンサーリンク




昨晩は奥襟部長夫人の誕生日ということもあり、家族で鉄板焼きを楽しむ。

傍から見れば、まるでドラマから飛び出てきたような幸せな家庭であった事は間違いない。

ただ、その場面は一転してパニックに変わる。

そのきっかけは、奥襟部長夫人の一言。

ゴキゾーさんだ!

奥襟部長、慌てて振り向く。

すると確かにゴキゾーさんがカーテンを下に向かって走りぬける。

ちょこざいな!

奥襟部長はすぐに新聞を丸め、ライトセーバーよろしく構える。どこだ!

しかしこのゴキゾーさんは過去に対戦したゴキゾーさんの中でも飛びきり俊敏で、すぐに見失うことに。

パソコンの後か!襟太朗!カーテンを抑えとけ!!

すると襟太朗が、ええ〜、僕がぁ〜?

などと情けない声でつぶやく。

当り前だ!

奥襟部長は襟太朗にかけより、君もいつか大切な人を守らなければならない場面が出てくる。今日はその時の為のいい練習台だ。さ、カーテンを抑えなさい、と、言えば良かったなぁと後になって思う。

とちあえずへっピリ腰な襟太朗はカーテンをおさえる。

襟輔はなぜか興奮して戦いの舞。

よくわからない状況。

奥襟部長、パソコンをどかし、棚もどかし、ゴミ箱もどかす。

しかしみつからない。

なんとも俊敏。

くまなく探しても見つからない。

ちくしょう!

まさかと思い窓を開ける。

すると窓を上から下に忍者よろしく駆け下りるゴキゾーさんが。

んんんんんむぅうううう!!ちょこざいな!!!!

バン!

奥襟部長がライトセーバーを繰り出す。

ゴキゾーさんはベランダの方へ駆け下りて見失う。

ちきしょう!!!

結局仕留められず。

のー!おーまいがっ!


不安顔の家族たち。

父の使命を果たせなかった奥襟部長。

夜に出てきたらどうしようと泣きそうな顔の襟輔。

すまん。皆すまん。

抱擁したい気持ちを抑える奥襟部長。

襟輔よ。何かあったら、このライトセーバーが君を守ってくれるはずだ、と、奥襟部長の新聞を丸めてただ輪ゴムをかけただけのように見えるライトセーバーを襟輔に手渡す。

力強くうなずく襟輔。

フォースとともにあらんことを。

しかし、ゴキゾーめ。

次出てきたらタダじゃおかねえ。


posted by 奥襟部長 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

井の頭動物園で襟輔と遊ぶ

日曜日は襟輔に強く誘われて井の頭動物園へ。

 

二週間前も行きましたやん。ま、いいけど。

 

 

スポンサーリンク






この前行った時はゾウのはな子さんが死んだ直後だったのでチケット売り場もすごい人だったけど、今週はちょっとマシ。

 

奥襟部長はフリーパスを持っているのでシュっと入り、速やかに本日のイベントをチェックする。

 

 

すると、今回は画板と色鉛筆を借りることができて、動物の絵を書きましょう的なイベントをやっていることがわかる。

 

「襟輔やるか?」と、聞くと、「モチロンでゴワス」、みたいな顔をしてるので直ぐに準備をする。

 

色鉛筆以外にもクレヨンやクーピーもある。クーピーって。

 

何十年ぶりに口にしたわ。クーピー。

 

 

ちなみにこのイベント、希望者は絵をユニクロに持っていけばTシャツにしてくれるとの事。

 

ほほー。なかなか粋なイベントですな。襟輔がマジメに描いたら検討しよう。

 

 

 

入園後は奥襟家はいつもの右回り。モルモット側から攻める。

 

今回は襟輔は興味を示さなかったので、モルモットはスルー。モルモットスルー。なんか新しいカクテルの名前みたいだな。

 

 

 

ペンギンは毎度おなじみのフンボルトペンギン。お魚を残してたので、襟輔が「残してるぞー!」と嗜める。

 

そして襟輔は座ってペンギンを描き始める。

 

なかなか前衛的で素晴らしい出来である。でも、もうちょっとマジメに描こうよ。

 

 

 

その後、カモシカからシカシリーズを経て、カピパラさんやキツネさんなどいつものメンバーにご挨拶。

 

これらを抜けるとゾウのはな子さんの所に。

 

 

献花台の花と人だかりは二週間前に比べて随分減ったけど、奥においてある花の数は増えている。

 

ゾウ舎の中にはメッセージボードがあり、コメントも色々と寄せられている。

 

69歳。大往生。

 

奥襟部長にとってのゾウはイコールはな子さんです。これはずっと変わらない。安らかに。

 

 

 

襟輔はその後ツシマヤマネコ方面を攻める。

 

色々資料を眺めてると、ツシマヤマネコって本当に貴重なんだとわかる。

 

可愛らしい顔をしてるけど、結構肉食のようで、意外な一面に驚く。

 

ただ見た目は本当にかわいいんニャけど。

 

 

振り返るとおサルさん。

 

おサルさんはいつもより活発。寝そべっている大人のサルのお尻に熱心になにかしている子ザルを襟輔とぼーっとみる。

 

不思議な光景だ。尻、近すぎるぞ。

 

 

その後、リスの小道でリス以外の魚や鳥に注目し、最後に日曜日に開催されている「いきものひろば」に行く。

 

ここでは虫やらトカゲやら自然ないきものを探したり観察したりできる。

 

あくまでただの広場に虫が住みやすい環境を整えているだけなので、場合によっては全然いないじゃんってこともありえる。

 

ただ、今回はバッタの小さいのやら大きいのやら、カナヘビやら、テントウムシやら見れたのでOK。

 

襟輔はバッタなど積極的に捕まえるので頼もしいかぎり。

 

ただ、女の子で素早く動くカナヘビを捕まえるような子もいたので、まだまだ修行は必要。

 

襟輔はしつこく探すけどちょいと鈍い。

 

ただ、ものしりおじさんの後をついていって、色々な虫を見ようとしたり質問したりしてるのは要領が良い。

 

おかげでナナフシを触ることもできた。よかったね。

 

 

最後に遊具でちょっとだけ遊んでからコンビニでおにぎり買って池の近くでもしゃもしゃ食べて帰る。

 

良い感じだ。そして良い眺めだ。

 

 

井の頭動物園、大きさ的にも丁度良い、素晴らしい公園であり動物園。大事にしたいものだ。

 

 


posted by 奥襟部長 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

ロックとは何か?

昨晩、夕食の最中に、襟太朗から「パパ、ロッケンロールって何?」と聞かれる。

ロッケンロール。

ロックンロールではなくロッケンロール。

ロックでもなくロッケンロール。

「パパ、ロックって何?」

これはまだアリ。

「パパ、ロッケンロールって何?」

これはかなり難しい。

スポンサーリンク







まず、自分がロッケンロールと言うのがとてつもなく恥ずかしい。

「なぜ、そのような事を聞くのだ」と、問い返すと、学校のM君という友だちが言ってたと。

うむ、やはり彼か。あの、ニューヨーク帰りのなかなか笑いのセンスのある彼だな。

わかる。彼ならきっとロッケンロールというだろう。

きっと発音も良かったはずだ。ロッケンロール。


この質問はある意味哲学的な質問である。

ロッケンロールとは何か。

「それは音楽のジャンルの一つである。」

これが奥襟部長が回答した0点の答えである。

いかに仕事に疲れていたとはいえ、反省しきりである。


ロッケンロールというちょっと弾けた感じや、不良っぽさ、そして、「あいつの人生はロックだな」的な生き方にまつわるニュアンス。そういった伝えなければならない大事な事を何一つ含められていない。

エルビスプレスリーについても触れるべきであろう。

ひょっとすると、ビートルズも語るべきだったのか。

内田裕也はどうだ。

あぁ、準備しておけば良かった。襟太朗、不意打ち過ぎるぜ。


奥襟部長はこの残尿感が伴う何とも言えない気持ちのせいで、次の質問の

「パパ、マイケルジャクソンってまだ生きてるの?」

に、対して、

「おぉ。うん。」

と、回答してしまい、奥襟部長夫人に数年前に死んだとつっこまれる。

あぁ、そうだった。

慌てて自分の胸を指差し、

「パパのここでは生きている」

と、付け加える。残念ながらフォローにはならず。

うむ。いかんな。俺、ロックじゃないな。






posted by 奥襟部長 at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

襟太朗運動会2016

土曜日は襟太朗の運動会。

いつもは10月だったけど、今年は変更となり6月に。

で、襟太朗は6年生で、今、話題の「組体操をどうするか問題」に直面。

結局、今年は組体操はやらないことに決定。

個人的には残念だったけど、組体操のどこまでがOKでどこまでがダメかなんて基準は作りようがないと思うので、やらないのならやらないで仕方ないかな。

今年はもう一つ変化があって、お昼のお弁当は子どもと家族は別々。

子どもたちは教室でお弁当。これはかなり残念だけど、これまた色々な意見があるようで、仕方ないか。

おかげで朝から場所取りをする必要もなかったのでヨシとする。

それと、奥襟家にも変化あり。奥襟部長夫人が前日に突如ビデオカメラを購入。

ということで、当日は奥襟部長が撮影することに。緊張するぜ。

スポンサーリンク








今年の襟太朗は昨年同様応援団で太鼓たたき。ということで、しょっぱなから見せ場あり。

どこから撮影すべきか悩み、入退場門に場所を取るが、直前になり、他の子ども達によって撮影しづらいことが判明。

「襟太朗。ついてこい!」と言うや否や、二階のウッドデッキに場所を移す。必死についてくる襟太朗。カモシカばりのスピートの奥襟部長によくついてきた。よくやった。

ウッドデッキからは無事に撮影できる。襟太朗のアップと引きの絵のコンビネーションを試すが、なかなか難しい。うむ、勉強、勉強。

襟太朗の他の学校の友達も応援に駆け付ける。おぉ。ありがとう。100人力だ。

襟太朗初めの競技は100m走。奥襟部長は撮影場所を追い求めてウロウロ。

そして間もなく競技開始。襟太朗は7レース目。すぐに襟太朗の番になる。

襟太朗、スタート地点でちょっとスタートの練習をしてる。うん、用意周到系少年の面目躍如だな。

で、スタート。1コースが襟太朗。お、どうなんだと思ったら、コーナーを曲がるとかなり前に。

お!1位か?と思ったら、赤組の子にわずかな差で負ける。2位。ありゃりゃ。

いや、立派、立派。6人中の2位だもの。パチパチパチパチ。

続いては襟輔の出番。未就学児によるお宝を拾ってゴールする競技。昨年も参加したあれだ。

奥襟部長はまた撮影場所を模索する。んー、襟輔がどこに並んでいるかもわからんし、こりゃ難しいぞ。

すると、奥襟部長夫人がゴール付近で発見。あ、そうか。親は中に入っていいんだ。ということで、堂々と中に入って撮影する。

襟輔、でかい。すぐわかる。一番最後に並んでたけど、人数が余りそうになって、急遽奥のコースに移動することになる。

襟輔、コース移動直後のスタートだったが、無事にゴール。お疲れ様。

この後すぐに襟太朗は騎馬戦。奥襟部長は撮影のために、またウッドデッキに移動する。忙しいぜ。

そして襟太朗入場。襟太朗は下の横側のポジション。おぉ、がんばれ。

で、競技開始。一回戦は男子。なかなか好調で、上の子が他の騎馬の帽子を取ったりしていい感じ。と、思ったら、騎馬がこけて崩れる。あら、もったいない。でも、全体的には勝利。よしよし。

二回戦は女子。こちらは負け。で、三回戦。男女合同で、大将の帽子が取られたら負け。どーんと始まって、わしゃわしゃーってなって、すぐに終わる。襟太朗の騎馬は見失う。で、なんかよくわからんが負ける。残念でした。

この後、奥襟部長は家にお弁当を取りに帰って、その後3人でお弁当。襟太朗は教室で。ちょいと味気ない。

午後は応援合戦から。こちらもウッドデッキから撮影。慣れてきて、なかなか上手に撮影できる。

撮影中、PTAの綱引きの募集をしていたけど、撮影があるので行けず。残念。来年リベンジ。

残るはメインイベント。組体操に変わる、ダンスと行進。けっこう間があくので、襟輔とウッドデッキにあるツバメの巣を鑑賞。

襟輔夢中。ありがとう、ツバメさん。

そして時を迎える。ダンスと行進。

黒い服を着て、ハチマキして、なかなか格好良い。構成としては、整列、行進、ダンス、整列。

襟太朗が待機している所から撮影開始。襟太朗、待機中に踊りの確認をしている。さすがは用意周到系少年。

そしてスタート。

行進は無事に成功。うまく説明できないけど、列と列がぶつからないように、だーっと交差するところが見せ場。とてもいい感じ。奥襟部長の撮影もいい感じ。

そしてダンス。ケツメイシの歌だったっけか。襟太朗、真剣に踊ってる。隣の男の子も真剣。でも逆隣の女の子は笑顔。うん、笑顔がいいよ。家での練習では笑顔だったのに緊張したかしら。

でも、ほとんど間違えることなく、ビシっとキメるところはキメてたので、このあたりはさすが。

最後まで滞りなく終わり、ありがとうございました!の掛け声で終了。

しかし、初めに全員で「よろしくお願いします!」、最後に「ありがとうございました!」ってやつ、5年生もやってたけど、本当にいるのかな。ちょっと違和感はあるんだけど。

ま、とにもかくにも運動会は無事に終了。お疲れ様でした。

夜は皆でビデオ鑑賞。なかなかいいね。

来年は襟太朗ももう中学生。中学校の運動会も楽しみだな。







posted by 奥襟部長 at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

親知らずを抜きました

親知らずを抜きました。はい。左上。既に下は左右抜いてますので、残りは右上一本。
そもそも今回抜くことになったのは、左下の銀歯が取れたことから。

以前も一回取れてまして、こりゃもう限界かと行きつけの歯医者に行こうとしたら、全然予約が取れず。

銀歯が取れた後は早めにどうにかしなければならないという諺はないけれど、なんとなくそんな気がしたのでググって会社の近くのプロレスのポスターが貼ってある歯医者に駆け込む。

すると、組んだ姿勢からの藤原喜明ばりの脇固めが得意そうなヒゲを生やした先生が出てきて、これは上の親知らずが下の親知らずがなくなったことをいい事にニョキニョキ生えてきて、下の歯をガツガツ押してるから取れたのよ、そういう事なのよ、みたいな事を言われ、それは一理ありますな、さすが脇固めが得意な理論派だという事になって抜く事に。

スポンサーリンク





で、昨日行ったら速攻で抜かれて全く痛くない。腕がいいな。

抜いた後は色々注意事項を教えてもらい、最後に、もし血が止まらなかったら奥歯にティッシュを詰め込んで20分噛み続けろ!とストロングスタイルなアドバイスを受ける。おぉ、承知しました、オッス!と言って帰ってくる。

昨晩は幸いティッシュ20分嚙みしめる必要もなく、今朝を迎える。ありがとう、先生。

今日は消毒に行こう。
虎ノ門界隈ではオススメの歯医者さんです。はい。

------------
2008年に抜いた時の記事を発見したのでリンク貼っておきます。




にほんブログ村
posted by 奥襟部長 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

楽天ブログからSeesaaブログに引っ越し!

ブログをこちらに引っ越しました!
楽天ブログさん、長い間、ありがとう。調べたら2006年からのお付き合いだわ。

途中、全然更新しない時期もあったけど、まあ、なんとかここまで続けてこれたのは、ひとえに僕の適度な真面目さのおかげでしょう。

引っ越した理由は色々あるけど、今はseesaaブログに色々なのを固めてるので、まあこっちの方が更新し含めて便利かなと思って。

楽天ブログさんは色々規制も多いし。

スポンサーリンク





一応、引っ越しの仕方をメモしておくと、以下の通り。FC2ブログを経由して成功。

1. FC2ブログを作成。タイトルだけで中身は空っぽ。

2. FC2ブログ引っ越しツール(https://blog.fc2.com/import/register.php)を利用。指示通りやれば簡単に完了。容量多いと時間はかかるかも。

3. FC2ブログの管理画面から、バックアップデータで全記事をダウンロード。

4. Seesaaブログに空っぽのブログを立ち上げて、管理画面からさっきダウンロードしたテキストをアップロード。

以上で完了。とっても簡単。ただ、僕の場合は画像がないのでシンプルだったけど、もし画像がたくさんあるんだったらちょっと大変かも。

まあ頑張って下さい。

今後とも宜しくお願いします〜。






posted by 奥襟部長 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

やりすぎな感じの宇都宮のホテル

今回も宇都宮のホテルで宿泊。

今回のホテル、最近色々変えようとしているのはよくわかるんだけど、朝食のバイキングは少々やりすぎ。

サラダの隣に焼き餃子。

味噌汁の隣に水餃子。

そして極めつけはドリンクコーナーにレモン牛乳。



ご存知ですか、レモン牛乳。

レモンが入っていない甘いだけ牛乳。

「持ち帰らないでください」の注意書きもあったな。

わかった。宇都宮押しはよくわかった。でもやり過ぎではないか。トゥーマッチ宇都宮。


奥襟部長は、焼き餃子やいかず、水餃子とレモン牛乳はいってやった。

おかげでお腹がちゃぽんちゃぽん。

ご馳走でした。




posted by 奥襟部長 at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

上海出張最終日

本日、上海出張最終日。毎日、朝、昼と同じレストランでバイキングを食べ続けるのも今日が最後か。
うん、全然感慨深くない。むしろ嬉しい。

昨晩は中国とシンガポールの同僚とかなり長い時間話し込んで、
そのあと遅くまで仕事をしてたので少々寝不足。最終日は睡魔との闘いだな。

今、一番気になっているのは、帰りのタクシーが一体幾らになるのか。ボラれないように、ホテルの方に釘さしてもらうか。

帰りの飛行機は1:45発。間違えないでね。お昼じゃないわよ。午前ですわよ。今晩であり、明日の朝とも言えるわよ。
ボロボロで帰る事になるだろうな。

ま、いいや。さて、ブレックファーストに行くか。



posted by 奥襟部長 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする