2016年12月06日

サウジアラビア出張 ドーハ〜リヤド

はい。ようやく乗り換えの飛行機です。

ドーハからリヤド。1.5時間だけどビジネスクラス。ありがとう。

小さな飛行機だけど、ゆったりとした席が用意されておりまして、

ドーハまでの飛行機同様、フライトアテンダントの方がご挨拶に来てくれます。

今回はどこをどうみても日本人の方ではない、黒人男性の方とアジアの香り漂う女性。

どもども。こちらこそ、不束者ではございますが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク




機内にはやはりサウジアラビア人と思われる方がたくさん。

ここで一つ申し上げておきますが、よく「サウジアラビアの方はターバンを巻いているよね」とおっしゃる方がおられますが、それは明確な間違いです。ターバンはインドの方です。

彼らが着用しているのはカンドゥーラとグドラです。カンドゥーラが服で、頭に着けているのはグドラです。

なので、このカンドゥーラとグドラ(しかも赤と白のチェック柄、UAEは白一色)、をつけている方がたくさんおられたので、サウジアラビア人と思われる方がたくさんいるなぁと思ったわけです。はい。このシリーズで初めて勉強になるような知識が出ましたね。

で、話を戻しますと、フライトアテンダントの黒人のお兄さんが色々持ってきてくれます。

なんかフルーツかお菓子かよくわからんものと、アラビックコーヒーなんかもふるまってくれまして、初めて飲みましたがなかなかの美味。「ベリーストロングだけどエンジョイしてちょ。」と英語で言われたので、サンキュ、サンキュといっておきました。どうやら眠れなくなるみたいっすね。

その後もなんか食べ物が出てきましたが、忘れました。とにかく出てきたものは全て残さず完食。ご馳走さまでした。

着陸後は入国審査。2時間くらいはかかるので覚悟しろとネットでよくかかれていたので、本を片手に向いましたら、超がらがら。本当に超がらがら。ありがたい、ありがたい。

ただ、入国審査にいる人は、これまで色々な国に行ったけれど、一番ルーズ。なんつったってスマホいじりながら審査してるんだもの。ちょいとひどすぎやしませんか。

でもまあガラガラだったのでヨシとしまして、荷物をピックアップ。

次に向うのが荷物検査で、ここがまた緊張するところ。というのも、これもネットであらゆるものをチェックされるから覚悟しろとあちこちで書いてあったので、事前に入念にチェックしたわけですよ。はい。
女性の水着の写真は家族でもダメだとか、薬も気をつけた方がいいとか。

なので、機内に持ち込んだ近代柔道に水着やそれに類する写真がないか入念に調べたりしましたよ。大丈夫でしたけど。

で、ドキドキしながら行きましたら、完全スルー。あら、拍子抜け。でも良かった。

ゲートを出たら、すぐにピックアップの運転手さんが見つかってとてつもなくでかい車に乗せてもらいます。

いったい何人乗りなんだろう。

で、ずーっとホテルに向って一本道を走るわけですが、

とにかくなんと言いましょうか、街全体が茶色です。

IMG_2408.JPGIMG_2409.JPGIMG_2410.JPG

と、こんな感じで、少しずつ街が現れますが、やはり全体的には茶色。

ふむふむ。こんな感じなのか。

ホテルはとてつもなく高い高層ビルの中にありまして、ありがたいほど広い部屋。

いやー、今回の出張はこれまでで一番の高待遇だ。

で、お昼ご飯にしようと思ったら、ルームサービスを見ると目の玉が飛び出るほど高いので、

隣のショッピングモールのフードコートですませることに。

IMG_2413.JPG

ケンタッキーですね。これで16サウジリヤル。480円くらいですかね。

で、仕事したりなんだかんだで半日過ぎて、夕食はルームサービスで一番安いの食べて就寝。

さ、翌日から早速研修。というわけで、ようやくサウジアラビアの一日目が終了です。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

サウジアラビア出張 成田〜ドーハ その3

さて、ようやくドーハに着きました。

奥襟部長はビジネスクラスのお客様なので、優先的に降ろしてもらえます。

ありがたや。ありがたや。

乗り継ぎに4時間もあるので、ラウンジで時間をつぶすことにします。

スポンサーリンク




ラウンジに着きましたら、中は全然ガラガラ。

IMG_2407.JPG

朝食を食べたかったのでそれっぽいところに座ると、ウエイターさんがいらっしゃる。

メニューを渡されたけどイマイチよくわからんので、

「何かパンみたいな朝食的なものはないかしら?」

と聞きましたら、早口に

「まかしておくんなまし、トーストはどうでっか、トースト、軽く焼きましていい感じにしまっせ。クロワッサンもありまっせ。これが意外と評判いいんですわ。バターとジャムも持ってきますさかい、是非食べてみておくんなまし。あ、コーヒーはいりますな。そうそう、コーヒーだコーヒー。おい、お前!」

みたいな感じで、なんで関西弁なのかわからないですが、なんとなく彼の英語は和訳するとこんな感じになるような気がしたので、あえてこのように訳してみましたがいかがでしょうか。

ま、それはともかく。上記で「お前!」と呼ばれてお兄ちゃんが一人来たのですが、この方は関西弁の人と違って実直そうな方で、「ミルクはいり申すか?ブラックでよろしいでごわすか?」みたいな感じでして。

「はい、それでよーごわす」というと、即効で持ってきてくれたわけです。

あまりのスピードに奥襟部長が少々驚いていると、関西人の方が、

「どうでっか?ベリークイックでっしゃろ。これから何かありましたら、こいつに何でもいうておくなんまし。ましまし。」

と言ってどっかに去っていく。ふむ。

で、しばらく本を読みながら待っていると、関西人が再登場。

大きな皿にトーストとクロワッサンを盛ってきて、ジャムやらバターの説明をし、さらに別の手にはもう少しトーストとクロワッサンが追加で入っていて、

「こっちもどうでっか?足りなかったらあれなんで持ってきましたわ。一応、ここにおいておきまっさかい、もしよろしかったら食べておくんなまし。ましましまし。」

と言われました。ありがとう。気が利くね。

で、奥襟部長はパンを食べながら読書をするという平日の表参道のオープンカフェにたたずむセレブ主婦のようなことをしていたわけですが、

程なくしまして、ガシャーン!というすごい音がしまして、ぱっと見ると、さっきの関西人が皿を落としてしまったようでした。

しかも、なんでかわかりませんが、ちょっと怒っているような感じ。多分、状況的に自分で落としたはずなのに。

ドーハの悲劇。

さっきの、ごわす的なコーヒーをベリークイックに入れるお兄ちゃんが後片付けを命じられたようで、しゃっと移動して、また違うおっちゃんを二人連れてきて掃除をさせてました。色々大変ですな。

そんなこんなでなんだかんだしてたら結構いい時間になりまして、そろそろ行かねばならぬと関西人に申し、関西人も「またきておくんなまし。ましましましまし」とおっしゃり、ドーハのラウンジから直接飛行機にいけるVIPなゲートを通って飛行機に向ったわけです。バスだったけど、専用のフカフカのイスが備え付けられたから悪くなかったなぁ

さて、乗り継ぎの飛行機についてはまた次回。

============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

サウジアラビア出張 成田〜ドーハ その2

さて、前回の続き。

その前に、実は奥襟部長、今回の出張では相当服装に悩みまして、

悩みに悩んだ結果、スーツで行くことにしたんですね。

ま、話せば長くなるので簡単に言いますと、

当社はこの地域ではかなりフォーマルな感じの社風でして、

私服はあんまり着る機会がないとふんでの決断だったんですね。はい。

ただ、これが結果的に、せっかくのビジネスクラスなのに、眠りづらいという結果を招きまして、

とにかくなんでも勉強ですね。はい。

スポンサーリンク




さて、食事の話に戻ります。

実はこのフライト、前にも少し書いた通り好きな時間に好きなものをメニューから選んで食べれることになってるのですが、

ということは、それをオーダーしなければならないということで、

離陸するとすぐにフライトアテンダントさんが色々聞いてくるわけですね。

で、一応、英語で色々とそれなりの時間会話をしていたのですが、

一通りオーダーをした後で、「あ、日本人の方ですか。日本語でいいですか?」とか言われまして、

「あんたも日本人やったんかーい、かいのかいのかーい!」

と、奥襟部長の中のリトル奥襟達が一斉にツッコンだわけですね。

ま、別にいいんですが。

日本語だったら半分の時間でオーダーできてたわい。


で、前回登場しました隣の女性ですが、ぬる燗がほどなくしてやってきまして、

なんと、彼女はおちょこにちょっとだけ入れて

匂いだけ嗅いで、飲まなかったんですね。

「飲まんのかーい、かいのかいのかーい」

と、当然のことながら、奥襟部長の中にいるリトル奥襟達が全員で起立して、

一回転半しながらツッコンだわけですね。

ま、別にいいんですが。

通だな。おぬしやるな。と、思った自分が恥ずかしくなりました。


食事が終わりましたら、寝るか映画を見るかなんですが、

やはり一本は映画をみようということで

インデペンデンスデイの新しいのを見まして

これがなかなかの駄作でして

でもまあ最後まで見まして

さあ寝るかとなったわけです。

すると、隣の女性がおりませんで、あれ、どこにいったのかしらと思っていたら

パジャマみたいなのに着替えて帰ってきたわけです。

逆の男性に目を移すと、なんと彼も同じのを着てる。

で、奥襟部長のところにも、探したらそのパジャマがあるわけですね。

おぉ。パジャマがあるのか。すごいぞビジネスクラス。

ただ、どうも服はジャケットしか預かってもらえないようで、

そうすると、スラックスがシワになっちゃうじゃないと思い

結局パジャマを断念したわけです。

ただ、後から考えると、スラックスのまま寝たので、結局シワにはなるわけです。

パジャマに着替えてもシワ、そのままでもシワ。

だったら、パジャマでリラックスして寝たほうが良かったね、ということなんですが、

やはりビジネスクラスは人から冷静な判断を奪いますね。

着替えませんでした。残念。


で、眠るときなのですが、このビジネスクラスのシートというのがすごくて、

歯医者さんの背中がグイーンと下がるシートのデラックス版みたいのでして

奥襟部長くらいでかくても、完全に横になることができるんですね。

そればかりか、色々な形ができまして、さらに微調整までできるということで、

なんだかロボットに乗ってるような気分になるわけです。

奥襟部長はボタンを押すたびに、

「トランスフォーム!!」と心の中で叫んでおりました。

同年代の方にはわかってもらえると思います。

靴を脱ごう、「トランスフォーム!!」

もう一回寝そべろう、「トランスフォーム!!」

やっぱり靴下も脱ごう、「トランスフォーム!!」

はい、また寝そべろう、「トランスフォーム!!」

あ、トイレ行きたい、「トランスフォーム!!」

はい。もういいですね。飽きましたね。最後の一回はいらなかったですね。すいません。

えーっと何の話でしたか。

あ、そうですね。結局寝たわけですね。

やっぱりスラックスだったので、なかなか寝ずらかったですが、

まあ、なんとか寝ることができました。

で、何時間か眠りまして、朝食はお腹が空いてなかったので遠慮して、

着陸を迎えることになりました。

ビジネスクラス常連さんたちは、シートベルトのサインがあろうがなんだろうが、

かなり自由な感じでして、それに対してフライトアテンダントさんもあまり何も言いませんで、

なんか色々優遇されてるなぁと、改めて思ったわけです。

いつもエコノミーから見てた、あのカーテンの奥はこんなことが行われていたのですね。

あぁ、おそろしや、おそろしや。

これは帰って村のみんなに伝えねばならん。

きっと氏神様の祟りがあるに違いない。

ナンマンダブ、ナンマンダブ・・・

あれ、えっと、何の話でしたっけ。

あぁ、着陸前ですね。

それで、一通り片付けて皆さんが落ち着いた頃合を見計らって、

フライトアテンダントさんが各シートを回って、一人一人とスモールトークをするわけですね。

きっと、乗っていただいてありがとう、サービスはいかがでしたか?的なことを話してるに違いないと予測できます。

で、少しずつフライトアテンダントさんが近づいてくるのですが、みんな、英語で楽しそうに話をしているわけです。

奥襟部長寝ぼけているわけにはいけません。

ここで小粋なトークができるかどうかが、エクゼクティブでVIPな男として見られるかどうかの分水嶺と言って過言ではないでしょう。

奥襟部長、頭の中をフル回転に動かします。「トランスフォーム!!」。あ、それはもういいですね。

奥襟部長はの頭の中は、リトル奥襟達が大慌てで会議をしています。あぁ、どうしよう、どうしよう。英語のショートショートとかないのか、ないか、あるわけないだろう、国別の文化的な特徴をうまいことつかってジョークとかにするんじゃなかったか、ああ、うろ覚えだ。なんてこったい!奥襟部長、一生の不覚!!!

と、脇汗をかいておりましたら、

奥襟部長のところには、なんと先ほどの日本人の方が来まして、

あらそうなの、と拍子抜けしたわけです。

で、極めて普通の会話をしまして、

「またお待ちしております」などと普通且つ思ってもいないことを言われまして、

きっと心の中では、「英語がヘタクソなスラックスで眠る変な頭のでかい日本人」などと思っていたはずで、

まあそれはそれでいいんですが

とにもかくにも無事に着陸を迎えるわけです。

現地時間、朝3:20。

やっとドーハに着陸。

なかなか先に進みませんね。

長くなったので、今回はここまで。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウジアラビア出張 成田〜ドーハ その1

奥襟部長、初のサウジアラビア出張。

実はビザの取得から面倒なことが多かったのだけど、

なんとか出発日とあいなりました。

ありがとうございます。

スポンサーリンク




奥襟部長は今回サウジアラビアのリヤドに行くのだけれど、

リヤドへの行き方はいくつかありまして

奥襟部長が選んだのはカタール航空で行くドーハ経由リヤドの旅。

エミレーツ航空で行くドバイ経由リヤドの旅っていうのも結構あるあるなんだそうなんですが

奥襟部長は安い方を選びました。

ただ、安い方と言っても、あなどってはいけません。

奥襟部長、人生二回目のビジネスクラスで行くのですが

カタール航空のビジネスクラスは、なんかのランキングで二年連続1位となっている素晴らしいフライトなんです。

なんのランキングかしらんけど。

ということで、奥襟部長、やや緊張しながら成田空港に向います。

ナイトフライトだったので、成田空港もガラガラ。

さくさく手続きが終わって、かなり早い段階でラウンジに到着。

さて、ご飯はどうするべ。

機内食ではフルコースがいつでも食べられると聞いたので、

ラウンジのカレーがおいしそうだと思いながら

軽くクラッカーとチーズだけにして

ラウンジを後にします。

サウジリヤルへの両替は、両替所が閉まってましたので断念。

ま、いっか。お迎えにもきてくれるし

どうせホテルと研修会場の往復だけなので

キャッシュはいらんでしょう。

そんでもってゲートに行きまして、いつも通りエコノミーのところに並んでしまう奥襟部長。

習慣とは恐ろしいものです。

慌ててビジネスクラスの列に並び直しまして、あっという間に中に入れてもらいます。

中に入って改めてシートに座ってみますと、さすがに広い。

すげーな。これ。めっちゃ快適じゃん。

で、フライトアテンダントの方がすかさずいらっしゃって、

ほれ、おしぼりだ、メニューだ、ジャケットは預かりまっせ、シャンパンはどうだ、あーだこーだ、あーだこーだといわれまして、

そらもらえるものは全てありがたく頂戴します。ありがとーごぜーます。どもども、どもども。

という感じで対応する。

すると、隣に女性が一人。ヨーロッパの人かな。

なんだかふらーっと来ました、みたいな感じで

フライトアテンダントさんとの会話をきいてても、

「ねえ、ねえ、これ何時間のフライト?」

「11時間でございます」

「えー?11時間??オーマイガー!」

みたいな感じで答えてまして、

え、あんた事前に調べてなかったの?そんな気軽にビジネスクラスに乗れる人なの?

ということで不思議な人だなぁと思ってましたら、オーダーする食事と飲み物もすごくて、

「日本懐石のコースと日本酒」

なんてものをオーダーするわけです。

「日本酒はちょっと温めて」って言ってたので、いわゆる「ぬる燗」ですよ。通じゃないですか。

一方、奥襟部長は「ステーキという名の固めの肉」を頂きまして、

自分のセンスのなさを嘆いた次第です。

なんだか長くなってしまったので、まずはここまで。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ニュー宇都宮出張 雪との闘い

先週、ブログの更新ができなかったので、忘れないうちに書き留めておきます。

先週は雪が降りましたね。雪。

あの日は奥襟部長は宇都宮に行く日でして、前日から超焦りました。はい。

スポンサーリンク




というのも、前日にレンタカー屋さんに電話をしてタイヤをスタッドレスに変えてもらおうと思ったら、

まだシーズン前で準備できないと言われまして、

キャンセルしようと思ったら、法人契約だからその窓口に電話してくれと言われまして、

その窓口は祝日だっためにお休みで、

あらら、あらら、どうしましょとなったわけです。

奥襟部長なりに悩んだ結果、

翌朝の状況にゆだねるべし、

当日キャンセルになってもわしに落ち度はない故、会社に堂々と請求するべし、べしべし、

と、奥襟部長の中のリトル奥襟達が結論を出し、

翌朝5時に起きて、高速道路情報を凝視してたわけです。

そしたらどうですか。

なんと東北道はチェーン規制なし。

お。杞憂におわったか。

ということで、レンタカー屋さんに行きまして、6時から走り始めたわけです。

だんだんお昼にかけて暖かくなるだろうし、

こりゃ余裕だと思っておりましたら、

なんと雪がどんどん激しくなりまして、

焦りながら

でもスピードは落としながら

なんだかハムスターが回転するやつのなかでコロコロ走っているような

そんな感じで高速道路をシューンとしてたわけです。はい。

北関東道に入りましたら、うっすら道路に雪があってさらに焦りましたが、

なんとか会社には到着できまして、

あーよかった、あーよかったとなりました。

でも寒い。とにかく寒い。

凍える。凍える。氷結奥襟味。

翌朝、駐車場は完全に日陰になるところだったので、

レンタカーはシャーペットみたいになっておりまして、

氷結レンタカー味。

あちこちで事故車をみかけましたし

本当に無事故でよかった。

危なかったね、奥襟。

さて、今週は特に大きな事件はなかったけど、

金曜日の夜からサウジアラビア出張なので

またそれについてはブログを書きます。

たぶん。

============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

新・宇都宮出張2 シャワートイレが壊れてる

こんばんは〜。

お洒落でファッショナブルな奥襟部長です。

今回は、昨日の朝の事件について綴らせていただきます。

その名も、「シャワートイレが壊れている事件」でございます。

スポンサーリンク




シャワートイレと言ってもピンとこない方がおられるかもしれませんが

一般的に言うと、いわゆる一つのウォッシュレットです。

ただ、ウォッシュレットはTOTOさんのブランド名ですので、

正式にはシャワートイレと呼ぶべきなんだそうです。

はい、豆知識。

で、あれがですね。

今泊まっている奥襟部長の部屋のやつは壊れていたわけです。はい。

奥襟部長はシモネタが嫌いなのですが、

この話をするには、どうしても避けられない単語がありますので、

ここではその奥襟部長から排出されるものを

CO2としておきたいと思います。

ということで、表面上、CO2排出の話とご認識ください。


昨日の朝、奥襟部長はいつものように朝食を終えた後、

CO2を排出しようとトイレに悠然と入りました。

そこで、ぐっとCO2を排出し

シャワートイレのボタンを押したのですが

なにやら音はチョロチョロしているのですが

全く奥襟部長のブラックホールに当たっている感触はないわけです。

あれれ。

ということで、色々操作をするのですが、反応無し。

仕方ないので一回立ち上がり

振り返って状況確認にはいりますと

シャワーが出てくる口が出たり入ったりしているではあーりませんか。

ちょっと出て、ちょっと戻る。

なんなんだ。

ちょっと出てきた時は身構え、戻ったら安心する。

ひょこひょこひょこひょこ。

繰り返します。

なんなんだ。

仕方ないので、シャワートイレは止めて自らブラックホールのケアを行います。

そして、フロントに電話をして、

「シャワートイレの調子が悪いみたいですよ。かしこ。」

みたいな感じで

できるだけ高貴な感じでフロントにお伝えし

会社に向いましたわけでございます。


で、今朝ですが、

そんなことはすーっかり忘れて

またCO2を排出し

シャワートイレのボタンを押したわけですが、

なんとその時ボタンは最大になっておりまして

勿論、シャワートイレは治ってまして

ここからはご想像にお任せしますが

奥襟部長のブラックホールは

まさに異次元に突入したわけでございます。

あー、くだらない。

そろそろ寝ます。

かしこ。

============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・宇都宮出張 チノパン忘れた

おはようございます。

はい。相変わらず宇都宮におります。

今週も週に4日で宇都宮です。

火曜日にお客様へ行ってから、

そのまま宇都宮に参りました。

なので、スーツ姿で来たわけです。はい。

そしてホテルにチェックインして気づきました。

チノパン忘れた。

スポンサーリンク




奥襟部長はチノパンを鞄に入れた前提で

火曜日に来ているスーツには合わないワイシャツと

これまたこのスーツには合わない上から羽織るセーターのようなものを持参しております。

チノパンがないとなると

これはエライことです。

どう組み合わせても変な感じになります。

会社の人間から

「奥襟部長ってセンスないわ」

などと陰口を叩かれる可能性すらあります。

また、持ってきたセーターを着ないと、

単純に「寒い」

という問題も出てきます。

栃木は寒い。

ということで、この状況を打開すべく、奥襟部長なりに考えた選択肢は以下の3つ。

1.奥襟部長夫人にチノパンを送付いただく。

2.新たにチノパンを買う。

3.開き直って、手持ちのスーツとセーター、ワイシャツで乗り切る。

1の選択肢は、火曜日の夜に依頼しても、水曜日発送、木曜日着、となりまして、結局金曜日にしか履けないということであまり意味がないと、奥襟部長の中のリトル奥襟が判断して却下。

2の選択肢は、家にたくさんチノパンがあるので、もったいないので却下。

結局、奥襟部長の中のリトル奥襟が、「別にいいじゃん、元々センスなんてよくないだろう」とおっしゃりまして、

3を選択することになりました。

昨日は比較的ワイシャツの色が合いましたので

そうでもなかったと思いますが

今日から素っ頓狂な感じになるかもしれません。

ま、いいじゃない。

止まない雨はないじゃない。

コーディネートはこーでねーと、っておっしゃたのは

きっとどこぞのエライ方でしょう。

さて、準備しよう。

意外と一周回ってセンスある感じになるかもしれない。

時代が後からついてくる、

そんなファッションに挑んでみたいと思います。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

posted by 奥襟部長 at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

井頭温泉チャットパレス宿泊 2泊目

井頭温泉チャットパレス2泊目。

久しぶりの柔術でスパー4本やっただけでヘトヘトになって

ヘロヘロで運転して

コンビニで夕食を買ってチャットパレスに戻ってきたわけですが、

フロントは1泊目の時にいた可愛らしい女性から

頭がボンと爆発した御茶ノ水博士みたいな男性に変わっている。

残念だ。

スポンサーリンク




1泊目の時にいた女性はいかにも丁寧な方で、

奥襟部長がチェックインしてからまた会社に戻って仕事して

その後22時ごろ戻ってきましたら、

丁度、帰る所だったようで、

駐車場で奥襟部長の顔を見てあわててフロントに走って戻ってきて

息を切らしながら

手を胸にあてながら

カギを渡してくれる

そんな親しみのもてる女性だったんですが

ドラマで言えば

土屋太鳳さんあたりが好演しそうな女性だったんですが

2泊目では頭ボンでした。

ボン!

至極残念。


部屋に戻ってすぐに温泉へ。

大浴場はサウナもついていていい感じ。

気持ちええ〜。

柔術後の温泉は最高だ。

大浴場以外にも中浴場っていうのがあって、

夜、大浴場は男性だったら女性は中浴場

翌朝は交代、みないなシステムみたい。

ということで、奥襟部長は計4回入りました。

21時までだったら

隣の井頭温泉も利用できるみたいだけど

さすがにその時間には帰れなかったので

それはまた次回のお楽しみということで。


温泉あがってちょいと仕事して就寝。


翌朝はバイキング。

ここは1泊目のときもそうだったんだけど

団体さんが結構泊まっているので

その団体に遭遇すると

えらい騒がしくて大変。

1泊目はおばちゃん団体に遭遇し

バイキングがなかなか先に進まない地獄に陥る。

あらこれおいしそう、これとってあげようか、こっちのほうが大きいわよ、それは塩分高いわよ、あらあらあらあら。

ご婦人方。楽しそうでよいですが、早く前に進んでおくんなまし。

そんな感じ。

で、2泊目は

おっさん団体。

昨晩の飲み会の金を払ったかどうか覚えてねー

みたいな話を

多くの人数で延々としている。

日本は平和だ。

誰かトランプ大統領に伝えてください。


気になったのが家族連れ。

お父さん、お母さん、息子、娘。

子どもたちは結構大きい。

娘が死ぬほどつまらなさそうなのが印象的。

なぜ家族旅行をすることになったのか。

そしてなぜそれが井頭温泉だったのか。

妄想はつきないが、ここでは省略することにする。


さて、そろそろ会社にいきましょう。

今日も激しい仕事が待っている。

井頭温泉チャットパレス、意外といいかも。

また空いてれば泊まろう。



============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村


posted by 奥襟部長 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

栃木出張 広すぎる部屋

昨日から、またまた栃木に出張。

昨晩は宇都宮に泊まったのだけれど

今晩と明晩は連泊できるホテルがなかったので

宇都宮から離れて

真岡市というところにある

井頭温泉チャットパレスに宿泊する。

ここは井頭公園の敷地の中にあって

その名の通り、温泉もある旅館のようなホテル。

ちなみにこの井頭公園というのは

ベリテンライブっていうフェスをやることでも有名。

スポンサーリンク




ここは以前に一回だけ家族で泊まったことがあって

それ以来の宿泊。


チェックイン時間が早そうなので、

残業中に一度チェックインをしに行く。

玄関には奥襟部長の名前が掲げられている。

ご丁寧にありがとうございます。


フロントで温泉の入り方や朝食など

多くの説明を受け

部屋に行く。

すると・・・

chatpalace.JPG

はい、ベットが二つに和室。

いわゆる一つの和洋室。

広い。広すぎる。

端っこ好きの奥襟部長としては

どこにいればよいかわからないくらいの広さ。

でもこれで値段は昨晩の宇都宮の朝食なしの一泊より安い。

こちらは温泉もあって朝食バイキングもついているのに。

すごいぞ、チャットパレス。


チェックイン後、会社に戻って残業。

22時過ぎにはまたチャットパレスに戻ってきて

その後、いそいそとお風呂場へ。

なんと一人占め。

ぜいたく。

明日、久しぶりに柔術に行こうと思ってるから

練習後に入ったら気持ちよいだろうな。


朝食バイキングを含めて楽しみ。

周りにはなーんにもないけど

公園しかないけど

22時過ぎたら灯りもほとんどないけど

まあいいじゃない。

あんまり時間はないけれど

少しは温泉で癒されよう。

明日の朝も温泉には行きますよ。


皆さんもよろしければ是非

井頭温泉チャットパレスへ。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村


posted by 奥襟部長 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

上海出張3日目〜5日目 孤独を楽しむ

上海出張3日目。

孤独を楽しむ奥襟部長。

中国人と一切会話をしない奥襟部長。

ていうか、休み時間も奥襟部長が存在していないような感じで、皆、中国語で話す中国人参加者達。

そうか、そうか。

わかったよ。

お前たちの態度はよくわかった。

孤独を楽しもうではないか。


スポンサーリンク





休憩時間はコーヒー片手にiPhoneでひたすら仕事のメールをチェック。

ランチは真っ先にバイキングに行き、

10分で食べ終わって研修会場に戻り、

ひたすら仕事。

後半の30分は電話会議に参加。

これを繰り返すと、

研修が座学なので、

会話がなくても大丈夫。

ホテルの部屋に戻りますと

すぐに仕事にとりかかり、

電話会議に出たり、チャットで話したり、

で、ルームサービスを頼んで、

それを食べて仕事して

そんなこんなを

3回繰り返して、

4日目まで過ごして、

無事に研修が終了となる。

お疲れ様。

研修内容は本当に良くて、

無理して行って良かった。

でも、まあこの長さが限界だったな。


5日目はタクシーもスムース。

帰りはいいんだよ。帰りは。

空港は込み合っていただけれど、

まあなんとかなって、

飛行機も遅れずに出発。

順調じゃないですか。

しかも座席にはモニタがついており、

映画がみれるとなっていて、

見ようとしたら見れなくて、

他の乗客がフライトアテンダントさんに質問しているのを聞いていると、

あー、見れないんです、みたいな感じでさくっとご回答されてまして、

まあ、そんなもんだろう。

覚悟はできてたので、いいですよ。

機内食は帰りもヌードル。

行きのヌードルよりも焼きそば的でグッドなヌードル。

イエイ。

で、成田に到着するなり、

スタバから電話会議に出て、

家に帰るなり、違う電話会議に出る。

うーん、忙しすぎるぞ。

なんだこのスケジュール。

そういえば、この日は祝日だったじゃないか。

働きすぎだ。

金曜日は朝から栃木に。

えらいこっちゃだ。

12月のサウジアラビア出張は、

アジアからの参加者は奥襟部長一人。

おいおい、大丈夫か。

次は地域を背負うことになった。

無事に帰ってこれますように。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

タグ:出張 上海

posted by 奥襟部長 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする