2018年05月29日

広州出張

2週間前に行った中国出張の記録。場所は広州。

広州に行くのはたぶん初めてのような気がしないでもない。

奥襟部長、3月にシンガポール出張があって、来月はソウル、その次はインド、そんでもって再度中国となかなか激しいスケジュール。

今年は海外出張が多い。えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。

スポンサーリンク




奥襟部長くらいのクラスになると、航空会社もそれなりに選ばせてもらう。

そりゃそうでしょ。

ということで、今回は中国南方航空。

国際線の飛行機の機内でハエが飛んでいたのを見たのは初めて。

うむうむ。やつは中国のハエか日本のハエか。


それなりに混雑した機内ですぐに機内食を運んでくる。

ビーフかフィッシュ。

いいじゃない。コントみたいで。

周りがビーフと言っているので、あえてフィッシュにいってみる。

味の濃いサンマの缶詰をご飯にぶっかけた感じの風情のある食事。

なるほど。

素敵な食べ物との出会いに感謝しつつ、大半のご飯に手を付けずにそっと蓋を閉める。


各シートにモニタはなく、持ち込んだ小説を読みふける。

すると、おもむろに頭上のモニタで映画が始まり、イヤホンもしていないのに、音がガンガン聞こえる。

壊れているようですね。かしこ。


4時間30分ほどで広州の空港に到着。

そこから陸路で1.5時間かけてホテルへ。

その後、取引先と会食。楽しく食事をした後、取引先の車でホテルへ戻る。

なにやら怪しい雰囲気を感じていたが、案の定運転手が迷う。

途中、道端に座って何をやってるかよくわからん兄ちゃんなどに声をかけて道を聞いているようだったけど、要領を得ないようでぐるぐる回る。

結局、往路は40分だったのに、復路は1時間強かかる。

箱根だったら総合優勝はお預けだ。

そういやホテルに着いたとき、運転手のおっちゃんは、「いやー、あそこかと思ったら場所が違って慌てて引き返したら手前で曲がっちまったみたいやわ。すまん、すまん」みたいなことを中国語で言っていたような気がしないでもない。

取引先にちくるのは止めておいてあげよう。


翌日は朝から会議。久しぶりに会うメンバーが多く、懐かしい。

で、夕方までがっちり会議をして会食へ。

会食では白酒が飛び交う感じ。でも、奥襟部長は夜21時から電話会議があったので控えめに。

で、中座してホテルに戻って会議。疲れた、疲れた。


3日目も一日会議。夜は奥襟部長に面白い話をしろという無茶ぶりがきたけど、さすがの感じで乗り切る。

成長したね、奥襟部長。


4日目も一日会議。ずーっと議論だから集中力が必要。疲れた、疲れた。

でも、3回ほど大爆笑が取れたので満足。

4日目は最後の夜で、日本人だけで食事。

会議を振り返りながらビールをあおる。

「青島ビールはほぼ水である」などと語り合いながら、全く日本語も英語も通じないレストランで食事を楽しむ。

最後、会計の際には筆談を交えて一苦労するも、なんとか目的は達成する。

漢字から推測する筆談はなかなか楽しく、なんとかなるもんだなと感じ入る。

昼間も領収書もらうときに、会社名は?有限公司はいらないのですか?などと言ってると推測したのはたぶん合ってたもんな。
たぶんだけど。


その後、スーパーに行ってお土産を購入。

日本語で「ヂーズを」と書かれたお菓子が謎で思わず購入。かわいい部下たちに食べてもらおう。


帰りはテンション高めでホテルからタクシーに。

空港ではパンダのTシャツやパンダのお菓子を購入して飛行機に乗る。

やっぱりモニタはないので、行きとは違う小生を読みふける。その名も「Nのために」。まさかそんな結末になるとは。

機内食は帰りももちろんフィッシュ。

そしたら「うな重」がきましたよ。一応、うな重。

正確にはうな重「的」なものというべきか。

飛行機から降りるとすぐにバスが来たので、トイレに行くかそのままバスに乗るか迷い、結局ものすごいスピードでトイレに行ってバスに乗るという選択をする。

そしてなんとか間に合う。やっぱりできる男は違うね。

しかし今回も疲れる出張だったな。

あと、色々と考えさせられた出張でした。

お疲れ様。奥襟。

オカエリ、オクエリ。

スポンサーリンク



posted by 奥襟部長 at 22:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント