2017年06月21日

襟太朗剣道中体連デビュー

日曜日は襟太朗の剣道の試合。中体連デビュー戦。

襟太朗の学校には剣道部はないのだけれど、学校側の協力を得て個人戦だけ参加できることに。ありがたや。

そして、奥襟部長は外部コーチとして引率者に。まさか自分が柔道ではなく剣道部の外部コーチとなるとは。世の中わからん、わからん。

事前にトーナメント表が送られてきて対戦相手をチェック。

お、一回戦から強豪校ではないか。この大会は学年別ではないので、3年生の可能性もあるな。むむ、ピンチ。

ま、今回はとりあえず経験を積むことが重要だから、思い切ってやるしかないな。

スポンサーリンク




はい。それで当日。

外部コーチは服装が決まっていて、グレーのスラックスに白の半袖シャツで引率しなければならないらしい。

これは柔道と似てる。セカンドバックを持ってないのが残念だ。

襟太朗と二人で電車に乗ってバスに乗り換える。

バスは各校の剣道部員で超満員。ぐええ。日曜の朝とは思えない混雑ぶり。仕方ない。

バスが到着。試合会場は公立の中学校の体育館。

狭いので、応援の生徒は来てはいけないことになってる。ふーん。

到着すると、「計量はこっち〜」とか、「はい、選手はこっちに並んで〜」とか言ってる。

計量?計量って何だ??

で、じっと見ていると、竹刀をたくさん抱えた中学生が列に並んでる。おぉ。そうか。竹刀の計量か。

補欠の選手か何かが選手全員の竹刀を抱えて列に並んでいる様子。ほう。我々には補欠の選手などおらんので、襟太朗が自ら並ぶ。

これがかなり時間がかかったのだけど、何とか終了。続いては選手入場の列に並ぶ。

これもなかなか時間がかかる。えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。で、漸く体育館の中へ。

中は大混雑。こりゃ大変だ。襟太朗とはぐれないようにしながら準備をさせて試合会場に。

各校、アップに余念がない。

襟太朗にも体を動かすように言うが、会場の雰囲気にのまれたのか、あまり動こうとしない。

いかんな。いかんけど場所もなく、どういうアップをしたらいいのかアドバイスもできず、うーんとなる。

もうちょっと勉強しなきゃ。


剣道のアップは柔道のアップに比べるとやっぱり竹刀はバチバチするし、声を「きぃええええい!!」とか言ってるのでうるさいのだけど、感心したのは本部の先生が話始めると皆一斉に手を止めて正座をすること。

ほほー。柔道ではまずありえない光景で新鮮。


で、結局襟太朗はあまりアップをせずに開会式に突入。色々と話しを聞いて、奥襟部長は監督、コーチの会議に参加する。

あまり内容は分かってないのに、とりあえずそれっぽい顔をして、ふむふむとしたり顔で頷く。

一つ驚いたのは、延長戦は勝負が決しなければ、12分間は続けてやるってところ。3分の本戦をやって、決着がつかない場合は延長戦だから続けると15分か。こりゃ大変だ。


そんなこんなを思いを巡らしている間に早速試合開始。

今回の大会は個人戦のみなのだけど、一年生から三年生まで合同なので、随分と体格差のある試合が目立つ。

こりゃ面も届かないんじゃないの?っていう位なんだけど、小さいほうが勝ったりするから面白い。ほえー。すごいな。

襟太朗は33試合目。なかなか回ってこないかと思ってたら、短期決戦が多く、1時間ちょいで出番がくる。

相手はでかい。むむ。やばそうだぞ。頑張れ、ってことで、試合開始。

秒殺はされないでねーと思ってたら、なかなか粘る。相手も出方をうかがっている感じ。

でも、襟太朗、積極的に打っていくが、踏み込みが浅くて全然有効打となる気配はない。うーん、こりゃいかん、こりゃいかんと思ってる間に、一本目を取られてしまう。

あー。で、これで実力を見極められたか、その後、二本目も速攻で取られる。ありゃりゃ。ということで、敗退。お疲れさま。


ま、今回は仕組みやら会場の進行やらを見るための経験値を積むことが目的ということで、次回、また頑張りましょう。

二年後のこの試合が勝負だな。

スポンサーリンク



posted by 奥襟部長 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 剣道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック