2016年12月09日

サウジアラビア出張 リヤドにて

さて、始めの頃は調子にのって毎日書いていたブログもだんだんそれどころじゃなくなってきまして、

結局今は帰りのドーハの空港で書いております。はい。

正直、今回は今までの研修の中で、ダントツに英語のスピードが早くて参った。本当にこれまでの比ではない。

みーんな、ほぼネイティブかそれに順ずるレベルなので、言ってることを聞き取って理解するのがやっと。

とてもあの中に割って入ってまくし立てるような芸当は今の奥襟部長の英語力では無理。

ってか、みんな最後までちゃんと人の話を聞きましょうよ、って感じ。

スポンサーリンク




順を追っていきますと、二日目の朝、ホテルのロビーに来いと言われたので行くと、欧米人のグループが何個かあって、一体どれが自分の属するグループかわからない。

置いていかれると困るので、仕方なくそれぞれに「えくすきゅーずみー」と言って声をかけていくと、2つ目のグループで目的のグループにぶち当たる。ああ、よかった。

しばらくしてドライバーが来ると、どうやらもう一人いるはずだということになり、でも10分待ってもこないので、置いていくという決断になる。おそろしや。ここで置いていかれたらたまったもんじゃないもんね。

車の中では早速メチャクチャよくしゃべるフランス人がまくしたて、堺正章そっくりの笑い方をする(正確には小堺一機が真似をする堺正章の笑い方にそっくり)インドネシアにルーツを持つオランダ人(正確にはよくわからない、以下、マチャアキ)がそれにナイスなリアクションをするという会話が延々と続く。

道路事情は交通渋滞が多く、それに痺れを切らして歩道を普通のスピードで駆け抜けていく車があったりする。おぉ。気をつけてね。

会場について色々挨拶を交わして研修開始。サウジの方が半分くらいかな。残りがアメリカとヨーロッパから数名ずつ、ブラジル、インド、そして奥襟部長という感じ。

研修の内容は詳しく書かないけど、ま、いわゆるビジネススクールの授業そのものです。ついてくのがやっと。本当に。

そういやホテルに置いていった人は結局ビザの関係で一日遅れで参加となり、翌日から参加。

この人がなんというか、映画によく出てくるような黒人のアメリカ人。

本場の「オー、メーン」とか「ヘイ、メーン」をあんなに聞いたのは初めて。
今朝、会った時は、ずっと横で「ポンポンポンポン」という言葉を素敵な声でメロディーにのせて口ずさんでいました。

以後、このメーンおじさんがジョークを言って、マチャアキが爆笑するということを、5日間で138回程度繰り返される。ありがとうございました。

サウジの人はなんだか不思議な感じで、とても礼儀正しいと思ってたら、やるな!って何度も言われてるのに平気でスマホをいじるわ、電話で外に出てくわ。でも優しいのよね。よくわからん。

一回、普通に先生がしゃべってる前を腰もかがめずに堂々と電話で出て行ったのはびっくりした。

その他、感心するほど貧乏ゆすりを延々と続ける人とか、言い訳が異常に長い人とか、ムチャクチャ背が高い人とか色々いました。貧乏ゆすりの人は細くてヒゲをはやしてて、座っている姿がドラムを叩いているみたいなので、心の中ではドラマーと呼んでました。

奥襟部長の一番の見せ場は、日本のビジネス社会でやっていいこと、ダメなことを説明するプレゼン。
これは大爆笑をとったので、ほぼこれで満足。ま、それじゃいかんのだけど。

とにかくいい経験ができました。本当に。とっても疲れたけどね。通常の仕事も普通にしてたので。

まあまだドーハなので、最後まで気を抜かないようにします。

帰るまでが遠足、もとい、出張です。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

スポンサーリンク



posted by 奥襟部長 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック