2016年12月06日

サウジアラビア出張 ドーハ〜リヤド

はい。ようやく乗り換えの飛行機です。

ドーハからリヤド。1.5時間だけどビジネスクラス。ありがとう。

小さな飛行機だけど、ゆったりとした席が用意されておりまして、

ドーハまでの飛行機同様、フライトアテンダントの方がご挨拶に来てくれます。

今回はどこをどうみても日本人の方ではない、黒人男性の方とアジアの香り漂う女性。

どもども。こちらこそ、不束者ではございますが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク




機内にはやはりサウジアラビア人と思われる方がたくさん。

ここで一つ申し上げておきますが、よく「サウジアラビアの方はターバンを巻いているよね」とおっしゃる方がおられますが、それは明確な間違いです。ターバンはインドの方です。

彼らが着用しているのはカンドゥーラとグドラです。カンドゥーラが服で、頭に着けているのはグドラです。

なので、このカンドゥーラとグドラ(しかも赤と白のチェック柄、UAEは白一色)、をつけている方がたくさんおられたので、サウジアラビア人と思われる方がたくさんいるなぁと思ったわけです。はい。このシリーズで初めて勉強になるような知識が出ましたね。

で、話を戻しますと、フライトアテンダントの黒人のお兄さんが色々持ってきてくれます。

なんかフルーツかお菓子かよくわからんものと、アラビックコーヒーなんかもふるまってくれまして、初めて飲みましたがなかなかの美味。「ベリーストロングだけどエンジョイしてちょ。」と英語で言われたので、サンキュ、サンキュといっておきました。どうやら眠れなくなるみたいっすね。

その後もなんか食べ物が出てきましたが、忘れました。とにかく出てきたものは全て残さず完食。ご馳走さまでした。

着陸後は入国審査。2時間くらいはかかるので覚悟しろとネットでよくかかれていたので、本を片手に向いましたら、超がらがら。本当に超がらがら。ありがたい、ありがたい。

ただ、入国審査にいる人は、これまで色々な国に行ったけれど、一番ルーズ。なんつったってスマホいじりながら審査してるんだもの。ちょいとひどすぎやしませんか。

でもまあガラガラだったのでヨシとしまして、荷物をピックアップ。

次に向うのが荷物検査で、ここがまた緊張するところ。というのも、これもネットであらゆるものをチェックされるから覚悟しろとあちこちで書いてあったので、事前に入念にチェックしたわけですよ。はい。
女性の水着の写真は家族でもダメだとか、薬も気をつけた方がいいとか。

なので、機内に持ち込んだ近代柔道に水着やそれに類する写真がないか入念に調べたりしましたよ。大丈夫でしたけど。

で、ドキドキしながら行きましたら、完全スルー。あら、拍子抜け。でも良かった。

ゲートを出たら、すぐにピックアップの運転手さんが見つかってとてつもなくでかい車に乗せてもらいます。

いったい何人乗りなんだろう。

で、ずーっとホテルに向って一本道を走るわけですが、

とにかくなんと言いましょうか、街全体が茶色です。

IMG_2408.JPGIMG_2409.JPGIMG_2410.JPG

と、こんな感じで、少しずつ街が現れますが、やはり全体的には茶色。

ふむふむ。こんな感じなのか。

ホテルはとてつもなく高い高層ビルの中にありまして、ありがたいほど広い部屋。

いやー、今回の出張はこれまでで一番の高待遇だ。

で、お昼ご飯にしようと思ったら、ルームサービスを見ると目の玉が飛び出るほど高いので、

隣のショッピングモールのフードコートですませることに。

IMG_2413.JPG

ケンタッキーですね。これで16サウジリヤル。480円くらいですかね。

で、仕事したりなんだかんだで半日過ぎて、夕食はルームサービスで一番安いの食べて就寝。

さ、翌日から早速研修。というわけで、ようやくサウジアラビアの一日目が終了です。


============================
奥襟部長の柔道情報館 無料メルマガ募集中!お申し込みはコチラから!

世界で唯一の柔道専門Podcast番組「奥襟部長の柔道談議」はコチラから!


にほんブログ村

スポンサーリンク



posted by 奥襟部長 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック