2016年08月12日

リオオリンピック柔道 最終日 男子100kg超級&女子78kg超級 見どころ

いよいよ最終日です。
このブログも何とか毎日更新できました。
何だかその事が喜びだったりします。
決して予想が外れたから、こういう事を言ってるわけではありません。
まあともかく、今回も見どころをお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2737614713163422"
data-ad-slot="3183253397">




男子100kg超級 日本代表 原沢久喜選手(JRA)
harasawa.jpg
※www.sankei.comより引用

男子100kg超級代表は原沢選手。日本人離れした体格で、重量級とは思えない運動神経と身のこなしで優勝を狙います。この階級にはフランスの絶対王者リネール選手がいますので、この選手とどこまでやれるか。逆に、リネール選手以外には絶対負けられないという他の階級とは一味違ったプレッシャーがあると思います。
おそらくリネール対策で何か秘策があるはずなので、日本代表チームで考えたそれを、とにかく見てみたい。
原沢選手ならやれる、そう願いながら祈るように観戦しましょう。

奥襟家では襟輔と池袋を歩いている時に原沢選手を偶然見かけてから、原沢選手は「池袋の人」になってます。
頑張れ、池袋の人。派手なサングラスをかけた金野監督にも注目です。


女子78kg超級 日本代表 山部佳苗選手(ミキハウス)
yamabe.jpg
※www.sankei.comより引用

女子78kg超級は山部選手。うーん、ちょっとしんどい。しんどいけど、ギリギリメダル圏内だと思うので、何とか頑張ってほしい。日本選手とやる時のように釣り手が動けば十分勝機あり。
田知本選手の分まで、良い意味で背負って頑張ってほしいなぁ。先にかける勇気と釣り手。頑張って!


にほんブログ村

スポンサーリンク



posted by 奥襟部長 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック