2018年02月28日

第12回全日本マスター柔術振り返り その3

はい、これまた前回の続き。今回で終われるかな。

柔術着のチェックは買ったばかりの柔術着なので何の心配もなく。

問題は体重であります。

予備計量では余裕だったけど、後からおにぎり食べたからなぁ。

おそるおそる体重計に乗りますと・・・

スポンサーリンク




なんと、85.8kg。

おいおい。道着なしだったら、83.8kgってことじゃない。

おそらく小学校5年生の3学期か小学校6年生の1学期くらいの体重だぞ。

あかん、痩せすぎた。

そんなこと言っても仕方がないので、とりあえず試合会場へ。

ここでなんと長南選手と目があいます。

「よろしくお願いします」と頭を下げると、先方もゼロピラニアで爽やかに「お願いします」とおっしゃいます。

おぉ。ありがたい。なんて爽やかなんだ。

で、試合会場で準備運動をしていると、隣の会場で新さんが試合。

見てるとあっさり一本勝ち。

強い。強すぎる。

すげーぞ、新さん。

程なくして僕の試合。

あー、緊張する。

奥襟部長、今だから言いますが、この試合は立ち技でテイクダウンをとって、上になれるかどうかが勝負と考えてました。

勝てるプランはこれしかない。

で、頭の中でシュミレーションしながら試合会場へ。

審判や相手と握手をして、いざ試合開始。

タックルを気を付けながらえいやと組みます。

すると、圧がすごい。

おぉ、圧がすごい。なぜか二回言いましたが圧がすごい。あ、三回目。

すかさず引手をとって、小外刈で投げにいきます。

すると長南選手、投げられまいと前に倒れます。

これはなかなか珍しいことで、

さすがの運動神経の良さというか、総合格闘技で培った反応速さといいますか。

とにかく投げることができない。

さらに長南選手、倒れながら奥襟部長の左腕を抱え込みます。

ピンチ。

奥襟部長も下にならないように上から足をからみます。

結果、よくわからない態勢で膠着します。

ありゃりゃ。これ、どないしたらいいの?

奥襟部長、迷いながらこの体制が1分ほど続きます。

はい、今回も長くなったのでここまで。


posted by 奥襟部長 at 23:24 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

第12回全日本マスター柔術振り返り その2

前回の続きです。

試合がお昼過ぎにさしかかりますと、休憩時間に入ります。

既に随分とおしているのに、休憩はしっかりと。

うん、よかよか。

しっかり休まんとね。

休憩中は試合場が使えたので、少しアップ。

で、一人でふにゃふにゃしてたらすっと一人の柔術家が近寄ってきます。

はにゃ?

スポンサーリンク




誰かと思ったら、「奥襟部長の柔道談議」のヘビーリスナーで、お便りも何度かいただいているキクチ襟さんであることが判明。

あららららら。あなた様がキクチ襟さんですか。いつもお便りありがとうございます。

非常に気さくで親しみやすくて話しやすい方なので、いろいろとお話しをさせていただく。

面白い方。いい出会いだ。

ポッドキャストやっててよかったなぁ。


で、休憩時間も終わってまたまた試合観戦。

伊藤さんは決勝で敗退。相手強すぎてびっくり。なんじゃあのひと。

その後もいろいろ勉強になる試合を観戦していると、会社の同僚がわざわざ応援にきてくれたことが判明。

なんと栃木から。あらあら。ありがとうございます。

そして、程なくしてアゴ襟も応援に。

なんと家族みんなで遊びに来てくれたみたい。

可愛い双子のお嬢さんたちが、無理やりアゴ襟に促されて、「試合頑張ってください」と言ってくれる。

うんうん、知らんおっさんにありがとね。胸がきゅーってなるよ。うん、おっさん頑張る。

さらに、つい先日レスリングのマスターズに50歳でデビューしたチャラ襟さんも応援に。

チャラチャラしながら「頑張れよ」と声かけてくれる。かっけーな。

とにかく皆さん、ありがとうございます。ありがとうございます。おそれいります。恐縮です。

みんな、たくさんのプレッシャーありがとね。

ほかにも知り合いが多数。うむむ。ドキドキするわ。

そんなこんなしてますと、えらいギャラリーの多い試合を発見。

行ってみると、佐藤ルミナ選手が試合中。ほー、こりゃギャラリー多いわ。

ってことは、長南選手の試合もこれくらいギャラリーがあるってことかしら。

いやん、ばかん。

そんなことを考えていたら、本当に長南さんがいらっしゃる。

あたりまえだけど、本当にきた。

でもまあこれも当たり前だけど、殺戮ピラニア感は全然なく、穏やかな感じのする人の好さそうな感じの方。

よかった。殺戮はされないですみそうだ。

いや、試合が始まったら別人になるのかしら。

あぁ、とにかくよろしくお願いします。

しかし横から見たら胸板が半端ない。

奥襟部長の中にいるコヤンキー襟男が、「チョーナン胸板半端ねえ」を連発している。

ま、それはともかく。

そんなこんなでいよいよ奥襟部長の試合順が近づく。

わおわお。

集合場所に行ってまずは道着チェック。そして計量へ。

同じ道場の新さんもほぼ同時のタイミング。

高まる緊張。

もう一回トイレに行っておけばよかったか。


はい、でも長くなったので、今日はここまで。



posted by 奥襟部長 at 00:17 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

第12回全日本マスター柔術振り返り その1

はい。ほぼ一か月ぶりの更新です。

皆さんお元気ですか。僕は全身筋肉痛です。

というのもあなた、そうです、昨日は全日本マスター柔術に参加したからですよ。

ということで、今回はざっと振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク




今回の試合はとにかく異例尽くし。

まず、柔術の試合出場が6年ぶりということ。

そして、うまくいけば「殺戮ピラニア」の異名をもつ長南亮選手と対戦できるということ。

そしてさらに、奥襟部長が小6以来の体重86kgを目指して減量をするということ。

あー、なんと大変なことか。

外資系的に言いますと、なんとチャレンジングな。わぉ、いえす!という感じなのです。

で、細かいことを言い出すとキリがないので、この辺でやめておきますが、とにかく減量は成功して、長南選手と初戦で対戦できるということになって当日を迎えたわけです。はい。

集合時間は13:00だったので、朝はゆっくり。

小学校1年生の次男とポケモンカードで破竹の5連勝をして、気分良く会場へ向かいます。

今回の試合は墨田区総合体育館。

奥襟部長初めてここに行きました。

錦糸町の駅近でなんとも便利なところです。

今から試合をするという緊張感さえなければ、なんとも穏やかで素敵な公園の中にあります。

素敵だよ。墨田区総合体育館。

奥襟部長、誰とも待ち合わせをせず、単独で会場入りすると、すでに会場内は熱気やら歓喜やらで渦巻いております。やんや、やんや。

誰か知り合いがいないか探しますが、すぐには見つからなかったので、とりあえず計量前ではありますが、サンドウィッチを食べます。サンドイッチではなく、サンドウィッチです。ま、それはともかく。

で、もう一回会場に入ってウロウロしてると、同じ道場の新さんと出稽古に来てくださっている山田道場の伊藤さんに出会います。あー、よかった。

そして、すかさず、更衣室やらなにやら聞いて、荷物を持って着替えに行きます。

更衣室で買ったばかりの道着を着て、ビシっとした後、会場に再度入ろうとすると、フルッタフルッタのユーキさんに再会します。以前、「大賀幹夫の寝技の学校放送部」に出ていただいたことがありました。ご無沙汰です。

ご挨拶すると、「おぉ、痩せましたね。とても痩せましたね」と驚かれる。

えぇ、と、なぜか若干頬をこけ気味にして返してみます。僕、そんなに痩せたのかしら。うふ。奥襟部長の中にいる30代OL奥襟襟子がざわつきます。ま、それはともかく。

その後、予備計量をしてみます。すると、86.4kg。
えーっと、88.3kgがリミットなんだよね。道着が2kgくらいあるから、実質84.4kgってことかしら。痩せすぎじゃないかしら。気のせいかしら。

今更後悔しても仕方なく、今からバクバク食べたらそれこそ体調を崩すので、気を取り直してまたウロウロすることにします。すると、その後も懐かしの知り合いにたくさん会い、声をかけてもらえる。いやぁ、覚えてくれててうれしいよ。

インファイトのヘナートとも久しぶりに会う。「せんせー、また練習しましょ」と、言ってくれる。
あぁ、ありがとう。
「今日の試合の相手は長南選手なのよ」、というと、「はっはー、チョーナンか、そーか、チョーナンか、はっはー」と高らかに声をあげられる。
イマイチどういうリアクションかつかみきれないまま、柔道の王子谷選手ばりの微妙なにやけ顔をして凌ぎます。

以前ウチで練習してくれていたサカモト君にも久しぶりに会うことができます。
あらあら懐かしい。なんでももうすぐモンゴル勤務になるそうで。
なんと言ったらよいかよくわからないけど、とにかく体に気を付けて頑張って。あなたならどこでもやっていけるよ。たくましいもの。

そんなこんなしていると、伊藤さんの試合が始まったので応援をする。
いやー、伊藤さん、強い、強い。決勝まで危なげなく勝ち上がる。いいもの見せていただきました。


なんだか長くなりすぎたので、今日はとりあえずここまで。

続きはまた気が向いたら書きます。






posted by 奥襟部長 at 23:31 | Comment(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする