2017年07月16日

白カニ58観戦

7月9日の日曜日、台東リバーサイドで行われた白帯カーニバルの応援に行く。
久しぶりの台東リバーサイド。この前、試合のお手伝いをして以来。
我がねわワ宇都宮からはモーリーさんとナウ君の2名が参加。

試合は13時からだけど試合順番は後の方だったので、ゆっくり家を出る。
服装はもちろん出来上がったばかりのねわワ宇都宮Tシャツ。
ほれほれ、格好いいだろうと見せびらかしながら駅まで歩く。

スポンサーリンク




電車に乗って、吉祥寺で用事を済ませ、再度電車に乗った所でお昼ご飯を食べていないことに気付く。
あー、何を食べようか。外は暑く、あまり食欲がわかない。でもお腹はすく。

結局、浅草に到着してしまい、台東リバーサイドまで歩きながら途中で何かを食べようと画策する。

本格的なお蕎麦やさん発見。うーん、違うな。富士そばならアリなんだけど。惜しい。
カレー屋さん発見。これは全然違う。暑い時にカレーは無理。僕、インド人にはなれない。
ラーメン屋さん発見。これも違う。冷やし中華があるならアリなんだけど、世界三大始めましたの一つである「冷やし中華始めました」の掲示がないので却下。

で、結局、台東リバーサイドが見えてきてしまう。むむ。

仕方ないのでセブンイレブンに飛び込んでパンを買う。残念。なんか残念。
台東リバーサイドの1階でメチョメチョ食べる。

試合場に到着すると、汗だくの品川支部の長谷川支部長にお会いする。おぉ。出場されてるのね。
グラップリングで勝ち上がっていて、次は決勝とのこと。すごい!

辺りを見回すと試合参加予定の二人を発見。
おぉ。頑張ってね。ほどなくして、対戦相手が決まる一回戦があるということでその試合を観戦。
むむ。なかなか手強い。簡単にアドバイスして試合場の中をあいさつ回り。

いつも出稽古に来て下さるT-BLOODの関さんや以前セミナーをしていただいたRJJの岡本さん、大賀さん、寝技の学校放送部でお世話になってる片袖さんや調布の茶圓さんテルさんなど、知ってる方が意外とたくさんおられる。
ありがとうございます、ありがとうございます、なんやかんや、なんやかんや。いつも大変お世話になっております。

一通りあいさつ回りをし、長谷川支部長のものすごく惜しいグラップリングの決勝を観戦して、しばらく時間があったので試合観戦をする。

皆さん、白帯だけどうまい。感心しながら観戦。すると、突然背後から声をかけられる。
「奥襟部長さんですよね?」
思わぬ不意打ちに、「お?おぉぉ??はい。」と、少々うろたえながら返事をする。
聞くと、ブラジリアン柔術を品川支部でやっていて、講道館に柔道も習いに行っておられる方で、奥襟部長が出演している「寝技の学校放送部」も「奥襟部長の柔道談議」も両方聴いておられるとのこと。
お、おぉ、ありがとうございます。うわー、ありがとうございます、という感じになる。
すると、「あー、ポッドキャストと同じ声だ!」と言われたりもする。あらあら、お恥ずかしい。「今度お便りくだされば缶バッジ送りますので、是非」と、お伝えしてお別れする。あー、びっくりした。

そんなこんなしてたらモーリーさんの試合となる。
モーリーさん、前回の試合では初戦敗退だったけど、今回はいかがでしょ?

相手はモーリーさんよりも一回り小さいけど、道着の下がかなり短くてただものではない雰囲気。むむ。
で、試合開始と同時にモーリーさん相手と密着をしにいくも、大内刈りで切り返されてテイクダウンを取られる。2ポント献上。あらら。
ちょっと頭を打ったように見えたけど、本人はすぐにクローズドガードになり、チャンスをうかがう。うむ。
そして、相手が動いたところを一気に三角絞め。おぉ!!
ただ、入り方が浅く、このままではすっぽ抜ける可能性も。やばいか?と、思ったら、すかさず腕十字に変化。相手はたまらずタップして一本勝ち。やった!!
正式には腕ひしぎ三角固かな。素晴らしい。
ワンマッチだったのでこれで優勝。おめでとうございます。本当に上手に変化したのでびっくり。次は中級だね。

続いてはナウ君。ルースター中級。相手は先ほど一回戦を見た相手。
下も上もできそうなオールラウンダーの感じだったので、柔道出身のナウ君にはテイクダウンを取りに行くように指示。
で、試合開始。
試合はルースターらしくかなり動きのある早い展開。相手はテイクダウンを取られる前に引き込む。うまい。そして早い。
序盤でいきなり巴スイープをくらう。乗り過ぎたか。ナウ君、慌てて空中で体をひねり、ポイントは回避。ただ、アドバンテージを取られる。
大丈夫、大丈夫。まだ時間はある。
ただ、その後、相手はテイクダウンを警戒し、引き込んでやや膠着する展開が続く。まずい。
奥襟部長は相手が引き込む前にテイクダウンをとるように指示。ナウ君、二回ほど一本背負いでかつぐも投げきれない。
かつぎよりも小外刈の方が合わせやすいのでその旨声をかける。
で、ナウ君がうまく相手の引き込みに合わせて小外刈。ん?どうだ??ポイントか???
審判を見るも、残念ながらポイントにはならず。んー、辛い。辛いけど、テイクダウンではなく、引き込んだと認識されてもおかしくないか。
勢い的にテイクダンウンを取ってもよかったと思うけどなぁ。
で、そのまま時間は過ぎていき、残念ながらタイムアップ。アドバン0−1で負け。んんーーーーー。残念。
でも、次回につながるいい試合だった。パスする時の姿勢は前から気になってたし、良い課題が見つかったからまた頑張りましょう。
お疲れ様でした。

奥襟部長、試合が終わるや否や帰路につく。
いやーしかし、やっぱり試合はいいなぁ。年内、自分も一回は出たい。ずっと言ってる気がするけど、早く茶帯デビューしないと。
10月辺りにいい試合ないかしら。

posted by 奥襟部長 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする