2017年02月13日

奥襟部長の靴のサイズは・・・

奥襟部長の足の大きさが思ったより小さかった件について、「奥襟部長の柔道談議」でも話したけど、あまりに衝撃的だったのでこちらでも。

奥襟部長はこれまで足の大きさは公称28.5cm、さらに甲高幅広なので、靴のメーカーによっては29cm、最大30cmの場合もあると申し上げてきました。はい。

しかしですね。それが「違いますよ〜、27.5cm程度ですよ〜」と言われたら、どれくらい衝撃的かおわかりになりますか。

27.5cmって、奥襟部長は小6の時に履いていた靴のサイズです。そんなバカなです。そんなバナナでもあります。マジカルバナナです。

奥襟部長、来月で齢42歳。この歳にして、これまでの靴のサイズの考え方がぜーんぜん違ってたと言うわけです。わぉ。

ということで、この事実に行きついた経緯をご説明いたします。

スポンサーリンク




ある日、奥襟部長夫人が家で、「奥襟部長を連れていきたい靴屋があります」と、おっしゃいまして、「とても良い靴屋で、その人の足に合わせた靴を推奨してくれまして、ドイツを中心としたヨーローッパの靴がどーのこーの・・・」ともおっしゃいました。

奥襟部長としては、まあそんなにちゃんと見てくれる靴屋というのは今まで経験したこともないですし、靴選びにはサイズがなくて困っていたので、行ってみよう、行ってみようということになったわけです。

お店の名前はORTHO FITS。JR吉祥寺駅と井之頭公園の間にある小さな靴屋さんです。

奥襟部長が家族で行きますと、既に奥襟部長夫人は顔見知りでございまして、すぐにお姉さんが接客してくれました。

で、靴下を脱ぎまして、奥襟部長の足をまじまじと見つめながら、まずは足型から取り始めました。

何かスポーツはやってましたか?と聞かれたので、「昔は柔道、今はブラジリアン柔術をやっています」と正直にお答えしました。

すると、「なるほど。どおりで、ふんばる力がとても強い足です。指が長くちょっと全体的には薄い足ではあるのですが、力強さがあります」などとおっしゃいます。

で、足型を取っている間にもたくさん質問され、その後スーパーモデルよろしく店の端まで歩いて戻ってきてくださいと言われます。

もちろん、奥襟部長はパリコレを意識して歩きます。

で、戻ってきますと、足を怪我されましたか?と聞かれたので、前十字靭帯断裂、内側側副靭帯損傷、内側半月板損傷、アキレス腱断裂など数々の怪我&手術歴を披露します。

すると、あー、そうですかー、だからかー、などと言われます。

そして、続けざまに、「左膝が外に逃げるように歩いてます。しかしながら、股関節の柔軟さでそれをカバーしていて、なんとか通常通り歩けるようになっています。」と、言われます。

おぉ。それ、奥襟部長、多少認識はしてました。あなたはそれを見抜けのか!皆の者、この者に褒美を遣わせよ!!!という感じになります。

そしてさらに、あなたのような歩き方の場合、靴でしっかりと足首の下から甲のあたりを抑える必要があります。今のような大きめの靴は逆に良くありませんと言われます。

その時履いていた靴、30cm。ま、確かに大きめではあります。

そうですか。うん。しかしそうなると気になる事が出てきます。僕の靴は一体何cmなのでしょうか。

しかし、聞いてみても、お姉さんはなかなか答えてくれません。

その代わり、たくさんの靴を持ってきます。

箱の表示をみると、27cmとか27.5cmとかばかり。

いやいやいやいや。さすがにそれは入らないっすよ、とは思いながらも、おとなしく話を聞く奥襟部長。

そして、履いてみることに。

すると、やっぱり甲の辺りがきつい。

「いやー、やっぱりきついっす」とニヤニヤいうと、「それくらいきつくないとダメなんです!」とピシャっといわれます。

え?は?ほ?そうなの??

そして、幾つか履いては歩く奥襟部長。

試していく中で、意外に踵が細いことも判明。

えーっと。本当にこんなにピチっとしてていいの?

でも何だかこのお姉さんの言うことがあまりに説得力があって、どうにも信頼せざるを得ません。

うむ。買おう。このぴちっとした靴を買おうではないか!という気分になります。

そして、2足靴を購入。本当はもっと欲しいくらい。

これは間違いない。

で、奥襟部長夫人が他の靴を見ている間、奥襟部長は買ったばかりの靴を履いて、襟輔とウロウロしてみます。

うん?なんか足が軽くなった感じがするぞ。

で、お店に帰ってくると、奥襟部長がそれまで履いてた靴がなくなっていたりもします。

奥襟部長夫人がお姉さんから捨てておきましょうか?と言われたそうな。

ま、捨てるつもりだったからいいんだけど、靴のプロから見たら、こんなブカブカボロボロの靴を履いているのが許せなかったのかしらと思ったりします。

こういうところにもプロ意識を感じられてヨシではあーりませんか。

うむ。もう今後靴はここでしか買わないぞ!と、力強く心に誓う奥襟部長。


既に購入してから2週間経ってますが、靴ズレなどは全くありませんし。

うむうむ。


ここからは奥襟部長の仮説だけど、柔道とか剣道とか裸足でやる競技をしている人間っていうのは、靴をつっかけるように履くケースが多いんじゃないかしら。

逆に、陸上とかサッカーとか野球とかの競技をしている方は、ぴちっと靴を履く。違うかな。

取り急ぎ、東京在住の柔道家の皆さん、とにかくORTHO FITSに行ってみましょう。

あなたのその靴、大きすぎてるかもですよ。

で、奥襟部長の足のサイズは27.5cm。それはどうやら確かみたい。複雑な心境だけどなー。




タグ:柔道家

posted by 奥襟部長 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする