2017年06月21日

襟太朗剣道中体連デビュー

日曜日は襟太朗の剣道の試合。中体連デビュー戦。

襟太朗の学校には剣道部はないのだけれど、学校側の協力を得て個人戦だけ参加できることに。ありがたや。

そして、奥襟部長は外部コーチとして引率者に。まさか自分が柔道ではなく剣道部の外部コーチとなるとは。世の中わからん、わからん。

事前にトーナメント表が送られてきて対戦相手をチェック。

お、一回戦から強豪校ではないか。この大会は学年別ではないので、3年生の可能性もあるな。むむ、ピンチ。

ま、今回はとりあえず経験を積むことが重要だから、思い切ってやるしかないな。

スポンサーリンク




はい。それで当日。

外部コーチは服装が決まっていて、グレーのスラックスに白の半袖シャツで引率しなければならないらしい。

これは柔道と似てる。セカンドバックを持ってないのが残念だ。

襟太朗と二人で電車に乗ってバスに乗り換える。

バスは各校の剣道部員で超満員。ぐええ。日曜の朝とは思えない混雑ぶり。仕方ない。

バスが到着。試合会場は公立の中学校の体育館。

狭いので、応援の生徒は来てはいけないことになってる。ふーん。

到着すると、「計量はこっち〜」とか、「はい、選手はこっちに並んで〜」とか言ってる。

計量?計量って何だ??

で、じっと見ていると、竹刀をたくさん抱えた中学生が列に並んでる。おぉ。そうか。竹刀の計量か。

補欠の選手か何かが選手全員の竹刀を抱えて列に並んでいる様子。ほう。我々には補欠の選手などおらんので、襟太朗が自ら並ぶ。

これがかなり時間がかかったのだけど、何とか終了。続いては選手入場の列に並ぶ。

これもなかなか時間がかかる。えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。で、漸く体育館の中へ。

中は大混雑。こりゃ大変だ。襟太朗とはぐれないようにしながら準備をさせて試合会場に。

各校、アップに余念がない。

襟太朗にも体を動かすように言うが、会場の雰囲気にのまれたのか、あまり動こうとしない。

いかんな。いかんけど場所もなく、どういうアップをしたらいいのかアドバイスもできず、うーんとなる。

もうちょっと勉強しなきゃ。


剣道のアップは柔道のアップに比べるとやっぱり竹刀はバチバチするし、声を「きぃええええい!!」とか言ってるのでうるさいのだけど、感心したのは本部の先生が話始めると皆一斉に手を止めて正座をすること。

ほほー。柔道ではまずありえない光景で新鮮。


で、結局襟太朗はあまりアップをせずに開会式に突入。色々と話しを聞いて、奥襟部長は監督、コーチの会議に参加する。

あまり内容は分かってないのに、とりあえずそれっぽい顔をして、ふむふむとしたり顔で頷く。

一つ驚いたのは、延長戦は勝負が決しなければ、12分間は続けてやるってところ。3分の本戦をやって、決着がつかない場合は延長戦だから続けると15分か。こりゃ大変だ。


そんなこんなを思いを巡らしている間に早速試合開始。

今回の大会は個人戦のみなのだけど、一年生から三年生まで合同なので、随分と体格差のある試合が目立つ。

こりゃ面も届かないんじゃないの?っていう位なんだけど、小さいほうが勝ったりするから面白い。ほえー。すごいな。

襟太朗は33試合目。なかなか回ってこないかと思ってたら、短期決戦が多く、1時間ちょいで出番がくる。

相手はでかい。むむ。やばそうだぞ。頑張れ、ってことで、試合開始。

秒殺はされないでねーと思ってたら、なかなか粘る。相手も出方をうかがっている感じ。

でも、襟太朗、積極的に打っていくが、踏み込みが浅くて全然有効打となる気配はない。うーん、こりゃいかん、こりゃいかんと思ってる間に、一本目を取られてしまう。

あー。で、これで実力を見極められたか、その後、二本目も速攻で取られる。ありゃりゃ。ということで、敗退。お疲れさま。


ま、今回は仕組みやら会場の進行やらを見るための経験値を積むことが目的ということで、次回、また頑張りましょう。

二年後のこの試合が勝負だな。

posted by 奥襟部長 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 剣道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

襟輔と秋川で釣り

日曜日は襟輔と二人で秋川に釣りに出かける。

元々は土曜日に多摩川フィッシングフェスティバルという楽しそうなイベントに行く予定だったけど、色々あって行けなかったのでその代わりに秋川。

スポンサーリンク




向かうは秋川のマス釣りができる釣り場。襟輔、朝からハイテンション。

HPを見ると、釣った魚は放流禁止、10尾までは料金に含む、焼いてはくれないけどBBQは自由、などと書いてあったので、頑張ってBBQセットも車に積み込んで向かう。秋川までは車で1時間半程度。同じ東京とは思えないほど山奥に到着する。

途中、持ってくるのを忘れたお茶やらチャッカマンやらを買う。釣れなかったときの為に、豚バラ肉を1パックも買う。

釣り場に着いて駐車場に車を停めて、受付を探す。どこだ?

一応、釣りの道具は携えて、ウロウロ歩いて探して歩いて、結構離れた受付に漸く到着する。

えーっと、この距離をまた戻ってBBQセットを持ってくるのはかなり厳しいと思うのだけどいかがでしょう、襟輔君。という感じ。

襟輔をチラッと見ると、そんなことは全く察することなく、「早く釣りたい、早く釣りたい」と鼻息荒くムフンムフンしている。

うん、そうだね。まずは釣り始めましょう。

受付をして、餌はブドウ虫さんはちょっとあれなので、イクラを選択し、竿を借りていざ川へ。

襟輔は小躍りしながらここが良い、あっちが良いと大騒ぎ。

お客さんはファミリーやら若者の団体やらたくさん。なかなかの込み具合。

比較的少なめのところに行き、荷物をドンとおいて、餌をつけていざ開始。

魚はニジマスがメイン。泳いでいるのが見えている。

こりゃ楽勝なんじゃないかと高をくくっていたら、ニジマスさん達は餌を完全に無視して自由に泳いでいる。

おぉっと。これはなかなか手ごわいぞ。全然食いつく素振りを見せない。そして周りの人も全然釣れていない。大丈夫か。

隣のサイトをみると一人の若奥様が全然プロっぽくないけど「あらー、また釣れた〜」「大きいの釣れたぁ〜」とか言いながらどんどん釣り上げてる。なんなんだ。竿も仕掛けもいっしょなのに。

で、その若奥様は程なくして、「〇〇ちゃん。イモ虫さんとって〜」とか言ってる。

そうか、餌か。ブドウ虫さんを使ってるんだな。

奥襟部長、あまり虫は好きではなくブドウ虫さんを使うことに対してためらいはあったが、もはやそんな事は言ってられないので、襟輔に「ブドウ虫買ってくる!」と言って受付に戻り、購入してすぐさま帰ってくる。

「襟輔、餌を変えるぞ!」と力強く宣言し、エサの箱をパカッと開けると、ブドウ虫さん達がもにょもにょしてる。むむ。ちょこざいな。父親としてこれはやるしかないということで、もにょっと持ってチョイとつける。おぉぉぉ。得も言われぬこの気持ち。

襟輔に釣り竿を渡すと喜んで隣のサイトで釣り始める。

で、速攻でニジマスが釣れる。むぉ!すごいぞ!!なかなかのサイズじゃないか。

すかさず針を外そうとすると、あれれ、針を飲んじゃってるじゃないの。これ、取れないよ。

仕方ないのでまた受付に行って、針外しを借りて戻ってくる。

なんとか外してようやく一尾目ゲット。

奥襟部長も同じくブドウ虫さんに変えてポイントを変える。するとこれまた即効で釣れる。

おぉ!!で、取ろうとしたらニジマスが河原に落下。慌てて抑えるも、ちゅるんと滑って川に逃げられる。のぉぉぉおおお!

襟輔はあわせが遅く、奥襟部長は早すぎるということか。ちょこざいな。

気を取り直してもう一回。うん、やはりブドウ虫の方が明らかに食いがいい。

奥襟部長、ほどなくして一尾目ゲット。続いて襟輔が二尾目ゲット。

ここでお昼休憩。

もうBBQは諦め、奥襟部長夫人が作ってくれたおにぎりと、受付の脇に売っていたマスのフライで腹ごしらえをしようと襟輔に提案すると、「それでよか、それでよか、で、すぐにまた釣りをしよう」ということになる。おー、よかった。

で、もしゃもしゃ食べてると放送が入る。今から放流タイム!だそうで、おじちゃんたちがでかいバケツに入ったたくさんのニジマスをどりゃーっと入れる。おおお。これは急いで釣り始めないと。群がる釣り人達。

ここでも一際光っていたのは先ほどの若奥様。立て続けに3尾釣り上げる。

「なんでお父さんは釣れないんだろーねー」とか子どもに言いながら、軽やかにブドウ虫をつけてヒットを連発。

ちなみにお父さんは本当に一尾も釣れなかったようで、途中から子どもと遊ぶことに専念している。役割分担だね。

この若奥様、最終的にあと2尾釣り上げてフィニッシュ。午前中から含めて大量のニジマスを抱えて悠々と受付に歩いていく。

すげえ。

後姿を見つめていた別の奥様が「あのお母さん神ってる・・・」と呟く。うん、まさに。

奥襟部長と襟輔もその後も釣り上げ、最終的に6尾でフィニッシュ。ブドウ虫さんも全部使ったしね(20匹もつけたんだな・・・)。

それぞれ仲良く3尾づつ。

襟輔の最後のニジマスはかなり奥まで針を飲み込んでいて、取るときにえらいことになってブルーになったけど、襟輔はご満悦なので良しとする。

この釣り場は無料でニジマスをさばいて処理をしてくれるのと、100円払えば塩焼きと交換してくれるので、2尾をその場で塩焼きと交換してもらって食べて、4尾を持って帰ることにする。4人家族なので丁度良い。

おじさんのニジマスさばきはすさまじい。総勢6人のおじさん達が流れ作業で手際よくさばいていく。すごいな。大量に釣った人のニジマスも結構なスピードで処理をする。熟練の技。日本の夏。

で、さばいてもらったのを受け取って、襟輔と塩焼き食べて、帰路につく。

帰りも特に渋滞もなく順調、順調。

帰宅後、奥襟部長夫人にニジマスを渡す。

後片付けをして家族で話していると、奥襟部長夫人が「なんか多いけど・・・」と、おっしゃる。ん?

どうも熟練のおじさん達のミスで、6尾持って帰ってしまった様子。

んー。

ニジマスってそんなにめちゃくちゃおいしいわけではないし、家で塩焼きにするにも限界があるのでなかなか困ったが、結局味噌をつけてホイル焼きにしたり塩焼きにしたりして皆で食べる。でもあまり好評ではなく、結局、ほとんど奥襟部長が食べる。あー、もうしばらくニジマスは食べたくない。

でもまあ全体的に釣れたし食べたし良かったのではないかしら。

襟輔はまた行きたいなー、と言ってるけど、次はちょっと違う感じの釣りをしたいなぁ。多摩川でテナガエビとか。調べてみようっと。






posted by 奥襟部長 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

襟輔運動会2017

先週の土曜日は襟輔の運動会。

小学校一年生なので、初めての運動会なのです。はい。

襟太朗は学校の行事でお泊りに行ってたので、応援は奥襟部長と奥襟部長夫人の二人のみ。知り合いもいないので、少々寂しい。

奥襟家は3月に引っ越したので、この小学校での運動会は初めて。

勝手が違うのでよくわからないけど、特に早い時間から並ぶでもなく、開会式の時間に間に合うように向かう。

スポンサーリンク




襟輔の出番は午前中2回。玉入れとダンス。

玉入れはいきなり玉を入れるのではなく、初めは踊って、途中から玉入れをするハイブリッドバージョン。

襟太朗の学校でも一年生はこれをやってたので、一年生としてはスタンダードな競技なのかもしれない。

で、なんやかんやしていると、すぐにその玉入れとなる。

襟輔、にこにこモチモチしながら入場。

そして陣形を整えると、ゆずの曲が流れてきて踊り始める。

うん、ちょっとテンポがずれてる。まあいいではないか。にこにこモチモチしてれば、それでいいじゃない。

で、玉入れをする時間になると、これまた嬉しそうに玉入れを行う。

うん、籠まで届いてない。まあいいではないか。にこにこモチモチしてれば、それでいいじゃない。ねえ、みんな。

そんなこんなを何度か繰り返して終了。

襟輔は赤だったけど、残念ながら10個程度の差をつけられて敗退する。仕方ない。にこにこモチモチ・・・、あ、もういいか。


続いてはダンス。ポンポンを持って踊る。あれは誰の曲だろうか。最近の曲はわからん。

まあこれも襟輔はしゃがんだり跳んだり回ったりしながら少々テンポがずれながら頑張ってる。もちろん、にこモチは忘れずに。

いいじゃない。いいじゃない。なんか面白いぞ。グッドだ。ナイスだ。エレガントだ。


そしてここでお昼休み。3人で奥襟部長夫人が作ってくれた美味しいお弁当を食べる。

襟輔、ガツガツ食べる。ほれ、あんまり食べ過ぎるでないぞ。動けなくなるでのう。

午後の襟輔の出番は40m走。おぉ。でたな。徒競走。
襟輔のモチモチでどこまで食らいつけるのか楽しみでワクワクする。

意外と早いのではないかと予測してみたりする。さてどうなるか。

襟輔は11番目。1番目のレースからしっかりみる。よーいドン。あれ、早いぞ。一年生といえども早いぞ。これはやばい。奥襟部長、先ほど「意外と早いのではないか」と思ったことを反省する。

時はあっという間に過ぎ、襟輔の番となる。

6人での競争。女の子が多い。襟輔は一際大きい。うむ。大きさなら一位だ。

すかさず、先生が、「よーい」と言う。でもタイミングが合わず。

いかんいかん、いやんばかんということで、やり直し。

そしてもう一度、「よーいドン!」

襟輔、頑張れ〜。頑張れー、うーん、ちょっと厳しいなぁ。ていうか、これはまた、なんとも、ありゃー、という感じである。

なんといったらいいのかしら。一人、ジョキングをしているのではないかという感じ。

奥襟部長夫人は一言「衝撃的」とだけおっしゃる。

うむ。でも、奥襟部長の一年生の時(当時既に40kg)はもっと遅かったようにも思うので、なんとなく「ごめんなさい」という気持ちにもなったりする。

よかよか、にこモチ。

ちなみに、襟輔が40m走が終わって奥襟部長の前を通り過ぎた時、こちらを見て「僕6位!」とにこやかにおっしゃった所に彼の偉大さを感じる。

奥襟部長夫人は用事があったので、ここで退出。奥襟部長は5、6年生のパフォマーンスと紅白リレーを見て、目を細めて「よかよか」と言ってから帰る。

はい。襟輔、面白い運動会をありがとう。

タグ:運動会

posted by 奥襟部長 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする